経済

潜水艦からミサイルまで、アメリカは日本に防御力強化

米軍が中国に焦点を合わせるために、中東での資産を外しながら、中国を抑えて「自由で開放されたインドの太平洋」を維持するための努力に参加する同盟国とパートナーをますます求めている。

台湾海峡の近くに位置しており、世界で最も大きな前進配置勢力である50,000人以上の米軍を収容する、日本よりも良い位置にある国はありません。

しかし、米国と日本が今年の下半期外交と国防長官の「2 + 2」会合で具体的な役割、任務および能力について議論する準備をしながら、ワシントンの高い期待と日本が直面している困難の間のギャップ前面に来ることができます。

潜水艦が一例です。

造船会社川崎重工業は去る3月、日本国防部に最新のそうりゅう型潜水艦であるドリュを導いて活性潜水艦のリストを21個に増やした。

来年には新しいTaigei級潜水艦の主ハムハム(ステルスが増加して似たような外国の潜水艦よりも長く潜ることができる能力があること)が合流予定です。 これは、最終的に艦隊を22にもたらすでしょう。 これは、2010年に16で増加した目標です。

日本の次世代潜水艦Taigeiが2020年10月三菱重工の神戸造船所で命名で姿を見ることができます。 (写真提供:日本の海上自衛隊)

しかし、その時から、日本は新しい船が就航することにより、毎年潜水艦を退役させ、艦隊のサイズを22に維持します。 したがってToryu、Taigeiおよびその他の日本の潜水艦の寿命は22年です。 ほぼ40年の間に米国に近づきました。

ベテラン米海軍アナリストRon O’Rourkeは限られた予算内で、米国が抑止力を強化するために使用することができる潜在的な資産として、この日本の潜水艦に沿ってきました。

米議会研究庁の専門家であるO’Rourkeは下院軍部に「私は実現されていない西欧海軍の構造を見つけるために世界を席巻低く、私は確認し、最高の機会は、日本の攻撃潜水艦部隊」と述べた。 去る6月海上力と投影力小委員会。

「もし彼らが潜水艦を30年間サービスを維持することを決定した場合は、私たちのサービスと同様に、潜水艦部隊を22から30に増やすことができます。彼らはすでに作成計画よりも多くのボートを作成せずに潜水艦部隊を増やすことができます。 ” O’Rourkeは言った。

日本の潜水艦部隊が30個増えた場合は、 “私たちは谷底に下がるような時間枠」になると彼は言った。 彼はLosのような冷戦時代の潜水艦の大量退役を言及した。 アンヘレス級速い攻撃潜水艦。

より大きな日本の潜水艦艦隊は偶発的な状況で、米海軍を支援する準備ができていれば、米国の戦争戦略家たちにさまざまなオプションを提供しています。 世界で最も静かなディーゼル電気エンジンを保有している日本の潜水艦が、いわゆるファーストアイランドチェーン(First Island Chain)のチョークポイントで待機することができれば、より安全な場所に到達するために、この島を通過しようとする中国の潜水艦に深刻な脅威になります。 深い太平洋の海。

Rand Corp. シンクタンクの政治科学者であるJeffrey Hornungは「日本はこの地域で最も有能な米国の同盟国だ」と語った。 日本の潜水艦艦隊のチョークポイント防御が割り当てたら、「米国は、地上戦争に焦点を当てることができ、日本は地下に集中することができる」と述べた。

陸上の日本の海洋自衛隊員。 このサービスは、船舶と船舶を運営するスタッフを募集するために苦労しています。 (写真提供:JMSDF)

しかし、これは馬のように簡単なものです。 簡単に言えば、日本は船舶を運営する毎年70人の潜水艦を見つけることができません。

統計によると、海上自衛隊は、日本の3つの自衛隊支部の中で最も人気が少ない、主に海上での長い任務とスマートフォンを長期間使用することができないからです。

2020年3月終わる会計年度に航空自衛隊に参加するための競争は海上軍に合流するよりも二倍急。 かつて海上軍の大きな関心を集めた外国を訪問することができる能力は、若い日本人が家にとどまることを好むし、ここ数年の間に、光を失った。

日本が人材を地上軍で迂回させるなどの手段を見つけることができたとしても、偶発的な状況で、双方がどのような役割をするのかについては、米国と正式に議論しなかったと消息筋は伝えた。

確かに、米軍と日本軍の「役割、任務および能力」は、過去2 + 2会議でテーマでした。 しかし、日本の役割は、常に祖国の防衛に限定された。 韓米同盟は「盾とウィンドウ」というフレーズに長い描写されており、日本は、電子、アメリカは後者です。

今、ワシントンは東京が小さいが、小さな窓を手に握るを望んでいる。

昨年12月、日本内閣は北朝鮮全域と中国、ロシアの一部地域に到達することができる長距離ミサイルの開発を航空機に搭載することを承認した。

地上軍の既存の12型地対艦ミサイルの範囲を拡大する計画もあります。 しかし、そのような地上ベースのミサイルを配置する場所は決定されなかった、今後の衝突で、その位置がすぐに1位になるので、かなりの反発が予想されます。

日本は既存の12型地対艦ミサイルの射程距離を拡大する予定です。 しかし、そのような地上ベースのミサイルをどこに配置するかを決定しておらず、かなりの反発が予想されます。 (写真提供:日本の陸上自衛隊)

ワシントン素材戦略と国際研究センターのミサイル防衛プロジェクトの責任者であるTom Karakoは、米軍内で長距離ミサイルを共同開発するために陸軍、海軍、空軍と海兵隊の間に前例のない協力が行われていると言及しました。 増加する中国の能力に対応するための極超音速武器。

カラコロは「この前例のない協力が反映するのは、脅威の新深刻だ」と語った。 彼は「米国だけではそのようにすることができオプウミョイ地域で最も重要な同盟国である日本と、より大きな協力が必要だ」と述べた。

カラコロは、米国が日本にドプギルたいのは、「大量」を作るとKarakoは言った。 「私たちは中国人のターゲット作業を複雑にするために、多くのロケットとミサイルを必要とするでしょう。ようにそれらが私たちの決意を過小評価しないで、彼らは公平な実行に影響を与えることができると考えないようにしてください。 “

カラコロは、米国が中国のミサイルの容易なターゲットになることがありますので、日本の多くの恒久的な米軍基地を開かないと述べた。 代わりに、二つの同盟国が短い滑走路で離陸することができる取り外し可能な基地、島ホッピングとドローンベースのプラットフォームのような柔軟なミサイル配置方法を喜んで調査するという信号を送ることが効果的であると彼は言った。

Karakoは「私たちは、地域社会のため、よりよく消化することができる非常に流動的であるベース構造を望んで」と言いました。

Dartmouth Collegeの准教授であるJennifer Lindは、日本がより多くの国防の責任を負うことに対する欲求がほとんどないと述べた。 「高価家で政治的に分裂を起こしている」と彼女は言った。 インドの – 太平洋で、より広範なセキュリティロールを実行するには、制度的基盤を用意して、日本の大衆を参加させなければならないとLindは付け加えました。

彼女は「日本国民はこれによるコストとリスクを受け入れたくないと決定することもできる」と述べた。 「しかし、彼らはそれが日本の安全保障とより広い利益にどのような意味なのか理解する必要があります。 “

リンドは「中国は1990年以降、国防費を620%増やし、日本の領土を脅かしている。 …国が安全保障の脅威に直面している場合は、自分自身を保護しなければならない」と述べた。

リンドは「もちろん、日本が軍事参加を増加させるために、過去の感度を考慮している」と述べた。 しかし、彼女は、米国の同盟国と一緒に現状維持のために抑止力を高めようとする日本の努力とは対照的に現状維持(中国がやっていること)を変えようとする一方の構築には、大きな違いがあると付け加えました。 クワッドのような広範囲な地域バランスの努力の文脈で。

リンドは「私たちは、中国の意図を具体化することができるが欲しかった時代は過ぎた」と述べた。 「中国は、台湾の領土紛争の意図を非常に明確にしており、日本とアメリカの利益に反しています。」

2018年3月にサンティアゴで開かれた協約式の後、太平洋横断パートナーシップ貿易協定加盟国が公式写真のためにポーズをとっています。 日本は2017年に米国が去った後、グループを主導しました。 ©Reuters

King」s College Londonの東アジアの戦争と安全保障の読者であるAlessio Patalanoは、中国の挑戦が軍事的なだけでなく、経済的で観念的な問題だと指摘しました。

「「自由で開放されたインドの – 太平洋」を開発し、太平洋横断パートナーシップのための包括的で進歩的な協定を操縦する日本の作業は、軍事投資と同じくらいの構築のための関連の対応とみなされるべきであり、却下されることがありません。」Patalanoがと述べた。

彼は「日中関係は武装競争だけでは解決できない複雑な経済的、政治的な関係を包括する深い歴史的結束に根を置いている」と述べた。

タールらはまた、ワシントンの最終的な目標が明確でないと指摘した。 彼は「地域の安定の悪化を防ぐことが目標であれば、中国に対する抑制と、残りの地域形成を一緒に推進しなければならない」と述べた。 「これに関連して、日本は経済と安全保障環境を形成するために進展を見せています。 “

「なぜ経済と貿易を通じて景観を形成しようとする日本の努力が安定形成を目指す戦略と少ない関連があるか」 タールらが尋ねた。

READ  Grazia、アジアにもっと拡張 - WWD

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close