理科

火山の爆発を人工的に模倣して、地球温暖化を防ぐ「成層圏エアロゾル注入 “とは? – GIGAZINE

動画



地球温暖化は進行を続けており、温暖化のために超巨大津波が発生する可能性などがあるので、気候変動が「第3次世界大戦レベルの危機 “主張する専門家も現れています。これらの地球温暖化を防ぐ具体的な方法とリスクの科学YouTubeチャンネルの簡単に言えばこのアニメーション映画で解説しています。

地球工学:私たちがしなければなら恐ろしいアイデア-YouTube

21世紀末までに人類は絶望的な状況に達すると考えられています。 数十年にわたる熱波と干ばつは、一般的にすることができない欠点をもたらしており、漁獲量は年々減少しています。


熱帯では、何百万人もの人々が飢餓に苦しんでいるだけでなく、資源をめぐる戦争も生じたため多くの難民が北を目指し移動しました。


各国政府は、緊急対策を打ち出しているが、世界の指導者たちが気候変動にうまく対処できない場合には、絶望的なシナリオが現実化くる状況です。


近い将来に急速に進行している気候変動の抜本的な対策をとる必要があるかもしれません。 その抜本的な対策こそ “Geoengineering(地球工学)“です。


地球工学は人類が自ら招いた環境破壊を修復する目的の学問分野で地球の大規模な介入を研究します。 しかし、その効果は未知数であり、何世紀にもわたる人類の環境汚染が回復される可能性もあるが、現在よりも悪化する可能性もあります。


地球工学で研究されている環境への介入方法は、「宇宙に大きな傘を乾燥し、日光を遮断」、「海水から雲を起こす」という空想的な方法で、「鉄を海にまい鳥の繁殖速度を増加させること」と乱暴な方法までさまざまです。


今回の映画は、視聴している人が生きている間に実現可能な “Stratospheric Aerosol Injection(成層圏エアロゾル注入)“について説明します。成層圏エアロゾル注入は成層圏太陽光を減衰させる物質を噴霧して、地球温暖化を遅らせる手法です。


2つの酸性化された炭素(CO2)は、単独では、地球を暖める効果を持っておらず、実際に地球を暖める太陽光に含まれている電磁放射エネルギーは、この電磁波のエネルギーの71%が地球の表面や大気に吸収されています。


吸収されたエネルギーは、赤外線で大気中に再び放出され、CO2この赤外線を大気に閉じ込める役割を果たしています。


これは寒い部屋で毛布にくるまったとき毛布が体温をつけないようにすることと同様の機能です。


だから、地球温暖化を防止する方法の一つは、CO2によって閉じ込められるエネルギーを減らすことができます。


閉じ込められるエネルギーを減らすことは、すでに自然が実践している方法でもあります。 電磁放射の29%は、氷河と砂漠、雪山、雲によって反射され、宇宙空間に放出されています。


ここで一旦、自然に放出されるエネルギーを考えてみましょう。 1991年にフィリピンのルソン島西部に位置ピナツボ山で発生した「20世紀の2番目に大きな「爆発死傷者847人、行方不明者23人、被害者120万人という甚大な被害を出しました。


この爆発によって発射された大量の微粒子とガスがしばらくの間、成層圏に残留したため、地球の平均気温は、大きな影響を受けました。


残留粒子やガスの注目すべきは、 “二酸化硫黄“です。二酸化硫黄は硫酸を作って水と反応して大気を遮断フィルムを形成します。


1991年ピナツボ火山の噴火によって形成された膜によって、地球に到達する太陽​​は約1%減少した。


世界の平均気温は0.5℃低下、3年間の冷却効果は続けた。


成層圏に直接硫黄粒子を噴射してピナツボ火山の噴火による冷却効果を人為的に再現しようというのが成層圏エアロゾル注入です。


成層圏に硫黄粒子を噴射するということは、現代の科学技術でも簡単に実行することができ、年間80億ドル(約8300億円)しかかからないという試算も出てきています。 80億ドルは高額に見えるが、地球温暖化が世界経済に及ぼす被害額を勘案すれば、非常に手頃な価格。


実際に成層圏に硫黄粒子を噴霧する方法としては、「年に一度、特製散布用飛行機を軌道上での飛行」という方法を考えることができます。2010年に開かれた試算は年間5000万tで8000万tほど硫黄粒子を噴霧すると、地球温暖化を止めること。


しかし、成層圏エアロゾル注入ひどい副作用を引き起こす可能性があります。 そのうちの一つが「降雨パターンの変化 “成層圏エアロゾル注入によって地球の降雨量が減少すると、大きな飢饉が発生し、数十億の人々が打撃を受ける可能性があります。


この他にも「オゾン層破壊」なども考えられます。 実際に1991年ピナツボ火山噴火は、二酸化硫黄が形成された膜によって、地球の表面の温度が低下すると同時に、成層圏の温度が上昇する現象が発生。 その結果として、オゾン層に穴が、南極オゾンホール史上最大サイズに達しました。 数十年に渡って成層圏エアロゾル注入を継続すると同様の現象が発生することがあります。


オゾン層への影響について、「オゾン層にあまり影響を与えない方解石噴射粒子に混ぜて改善されることが」と提言もなされていますが、効果の程度は、証明されません。


しかし、オゾン層への影響が皆無だったとしても、成層圏エアロゾル噴射良い方法は、することができないかもしれません。 もし成層圏エアロゾル注入を実行すると、政治家と産業界は、「すでに手を打った」とCO2を削減しようとしていないかもしれません。


人類がCO2を排出続くと海水のCO2この吸収され続け、海水の酸性度は上昇、サンゴ礁のような巨大な生態系が致命的な打撃を受けます。


CO2を排出続けとともに地球工学の介入で地球温暖化を防止することは時限爆弾の上に座っているようなものです。 一度地球工学の介入を中断した場合には、蓄積されたCO2によって、地球温暖化がこれまでにない速度で進行します。(PDFファイル)2015年試算によると、成層圏エアロゾル注入を50年連続で終了する場合、地球温暖化の速度は、成層圏エアロゾル注入をしていない場合の10倍になること。


最悪のシナリオは、大規模な飢饉と急速生態系の破壊が同時に進行し、地球は死の惑星になるかもしれません。


このような事態を防ぐために、地球温暖化の原因で、全世界が危機に瀕しており、地球工学は、地球温暖化を10年または20年ほど遅れぶりの方法だと理解します。 地球工学が一度時間に、人類は炭素自由経済への移行待機からCO2を回収する技術を開発しなければなりません。


数十年の間に地球工学は議論の対象となったため、地球工学を研究していた科学者の多くの理解を助けるために必要な実験をキャンセルします。


しかし、人類はすでに毎年400億トンのCO2を排出続けており、すでに地球工学的な実験を地球規模で実施しまっているので、地球工学を完全に否定することは近視眼的です。


うまくいけば、地球工学に頼らなくてもかもしれません。 しかし、もし地球工学の介入が必要な時しまう場合は、より良い介入を実施する。 あらかじめ備えておくと、最悪の事態は去っています。


あらかじめ備えておかなければ、人類は自分の力で滅亡してしまうかもしれません。


この記事のタイトルとURLをコピー

READ  トップが「1日1食」という決定する脳科学的な理由食べないほうが集中することができ| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close