理科

火山部石の波を防ぐために伊豆列島に設置されたオイルフェンス

東京都政府は、数ヶ月前に水中火山から噴出した漂流部石の洪水から漁港を保護するため、伊豆島チェーンにオイルフェンスを設置しました。

盗聴管轄で首都南方に延びている都連では、すでに少量の浮遊石が観察されている。

しかし、日本の神奈川県横須賀市に位置する日本海洋地区科学技術庁(JAMSTEC)は、今週、大量の副石が伊豆島に到達すると予測した。

11月18日、小島島港と三倉島港にフェンスが設置されました。

オイルの流出を抑えるように設計されたフェンスは、副石が港の係留区域に入り、漁業に影響を与えるのを防ぐための障壁として使用されています。

小島島のフェンスの長さは約60m、三倉島のフェンスは40mです。

広域市は副石の動きによって他の島々も同様の保護が必要かどうか検討する予定だ。

JAMSTECの分析によると、これらの石は今月末に海に移動するまで伊豆島の周りに残ります。

東京都によると、11月9日から小島と三倉島など7島の港と沖合で少量の副石が確認された。

石の大きさは約1mmから10cmで、これまで船舶運航に影響を及ぼすと報告されていません。

沖縄県では、火山爆発による膨大な量の錫のため、港が塞がれ海岸が汚染され、漁師は陸上に残らなければなりませんでした。

日本気象庁は、東京中心部から南に1,300km離れた福徳・岡ノヴァ水中火山の噴火が8月13日から8月15日まで続いたと報告した。

それ以来噴火は発生していませんが、機関は福徳・岡ノバが位置する小笠原島の火山活動を注意深く観察しています。

観測を担当するJMA関係者は「海底の下で火山が依然として非常に活発に活動しているようだ」と話した。

三倉島には港が一つだけなので、漁船が係留場に入るとき、そこにあるオイルフェンスを運ばなければなりません。

小島島西側のオイルフェンスは、当面漁船の運航に影響を与えません。 島には2つの港があり、秋と冬には漁師が東にある三浦漁港を利用します。

副石流が追加の損傷防止措置を必要とする場合、問題が発生する可能性があります。

小島水産協同組合の前田洋樹団長は「三浦漁港に油塀を設置すれば漁業を中断しなければならない」と話した。

小島島の漁師である和隆浜川(43)は、11月18日朝早く海に出て釣りをして正午ごろ戻ったとき、島の港近くに浮かぶ部石を見たと話した。

彼は「日中は石を避けることができるが、夜は目に見えない」と話した。 「私たちは私たちの船が石の塊にぶつかるのを恐れていますが、状況がどのように戻るのかを見て釣りを続けます。 状況を変えることはできません。」

彼の同僚は、エンジンを冷やすために海水を船に流入させるフィルターが砂利で詰まったので、その日早く操業を終えなければなりませんでした。

海が荒れていない場合、通常1日10隻ほどの漁船が三倉島の港を出ます。

三倉島水産協同組合関係者は「(私たちの港に)副石が届いたら当分の間漁業を中断しなければならない」と話した。

関係者は、栗の魚が上昇する季節が近づいており、残念な状況だと述べた。

関係者は「とても緊張しています。

(This article was written by Yoshitaka Unezawa, Hidemasa Yoshizawa, Yasukazu Akada and Yumi Nakayama)

READ  「心理学を職場で活用!」すぐに使用5つの技術| LIMO | 生活とお金の経済メディア

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close