火星での生活…しかし4年間だけ:赤い惑星は人間が生き残るには「危険すぎる」

Estimated read time 1 min read

火星での生活…しかし4年間だけ:赤い惑星は人間が長期間の使命のために生き残るには「危険すぎる」

  • 科学者たちは、人間が4年以上時間を過ごすと放射線が安全にならなくなると言います。

人間の火星探査は、長い間宇宙探検家の熱望の対象でした。

科学者によると、2年前には精子が火星で最大200年間生き残ることができるため、人間が火星で繁殖できるという話もありました。

しかし、専門家は今、人間が惑星の使命に4年以上を費やすべきではないと勧告しているので、この希望は長続きしないようです。

火星における人間の生命の生存の可能性に関する最近の研究の1つによれば、科学者たちは、人間がこの時点よりも長ければ、放射線レベルが安全ではなくなると述べた。

Advancing Earth and Science Journalに発表された研究結果は、次のように述べています。

火星の3Dレンダリング、科学者たちは人間が4年しか過ごせないと言います。

地球ミッションに使用されたASAのPerseverance Mars roverの図

地球ミッションに使用されたASAのPerseverance Mars roverの図

「私たちのシミュレーションは、シールドの増加が最も強力なGCRによって生成される2次放射線の増加をもたらし、より高い線量をもたらし、任務期間に制限をもたらすことを示しています。

「我々は、潜在的な火星探査の任務が約4年を超えてはならないと推定しています。

‘ この研究は、宇宙放射線が厳しい制限を課し、火星に対する人間の使命に技術的な困難を提示することを示しています。 そのような使命はまだ実行可能です。

UCLAチームが行った他の研究では、火星を行き来する任務を遂行する宇宙船が往復旅行中に十分な保護を提供しなければならないことを発見しました。

しかし、宇宙船を作る材料が厚すぎると、実際には二次放射線の量が増加する可能性があります。

別の発見には、地球を離れるのに最適な時期は、太陽活動が最高潮に達する時であるという情報が含まれています。

これは、「太陽の最大値」が最も危険ではないレベルであるためです。

科学者たちが以前水があると思っていた火星表面の姿

科学者たちが以前水があると思っていた火星表面の姿

READ  レーザースキャンによるイエローストーンの「隠し」活性断層の発見
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours