エンターテインメント

火星を舞台にアーノルド・シュワルツェネッガーが大冒険を繰り広げる映画「トータル・リコール」4Kデジタルリマスター版公開決定 – GIGAZINE

映画



ポールバーホーフェン監督フィリップ・K・ディックの小説をアーノルド・シュワルツェネッガー主演で映画化、1990年12月1日に日本公開30年が過ぎた「トータル・リコール」が4Kデジタルリマスター版が公開されることが決定しました。

映画「トータル・リコール4Kデジタルリマスター」特報 – YouTube

作品のプロットは、次のような感じ。

西暦2084年・地球しがない労働者ダグ・クエイド(アーノルドシュワルツェネッガー)は、なぜ一度も行ったことがない火星に強い憧れがあり、毎日のように火星に行く夢を見ていた。 ある日、ウェイドは「異常記憶を売ります。」という広告にひかれて体験したことのない記憶を販売する <리콜 사>を探す。 ウェイドは <화성을 구하기 비밀 요원>というプログラムを試してみたが、突然、問題が発生しプレイは中断。
また、その日から、自分の妻と正体不明の集団に生命の脅威を負う︕すべての謎を解くために、火星に向かうクエイド。 果たしてダグ・クエイドは誰なのか︖これは現実なのか夢か︖彼の記憶に隠された衝撃の秘密は︖︕

シュワルツェネッガーが演じダグ・クエイド。


ウェイドの妻ロリ(出演:シャロン・ストーン)


ウェイドを追うリクター(左/出演:マイケルアイオンサイドゥ)や兜(右/出演:マイケルチャンピオン)


ウェイドが火星で発見メリナ(出演:レイチェルティコティン)


バーホーフェン監督のエクストリームな暴力描写でクエイド火星のデモホムガ描かれます。


本作は、当時の製作費では最高額7000万ドル(約100億ウォン)が投入された「バック・トゥ・ザ・フューチャーPARTⅢ」や「ダイ・ハード2」を抜いて全米初登場No.1され、以後、7週間、通常の守りました。


「トータル・リコール4Kデジタルリマスター版」は、2020年11月27日(金)からTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショーです。

◆「トータル・リコール4Kデジタルリマスター版」作品情報
監督:ポール・バーホーフェン
原作:フィリップ・K・ディック「思い出売り “
出演:アーノルドシュワルツェネッガー、レイチェルティコティン、シャロン・ストーン、ロニー・コックス、マイケルアイオンサイドゥ
脚本:ロナルドシューゼットダン氏ノン、カニィリゴールドマン
製作総指揮:マリオカーサルアンドリューバイナリ
コンセプトアーティスト:ロンコッブ
特殊メイク効果:ロブボーティング
©1990 STUDIOCANAL

この記事のタイトルとURLをコピー

・関連記事
「トータル・リコール」予告編フルバージョン公開は、そのシーンはどうなるか? – GIGAZINE

「トータル・リコール」の強烈なアクションシーンを含む予告編第2弾公開 – GIGAZINE

火星のテラフォーミングに参加する火星の植物育成実験をNASAが開始する予定 – GIGAZINE

ピクサーが、今までの名作映画をオマージュ当てているシーンを集めた映画「Pixar」s Tribute to Cinema」 – GIGAZINE

「私と一緒に電車に乗って破壊しよう!」と叫んでも、突然のサンドイッチで腕立て伏せして部隊自体化するアーノルド・シュワルツェネッガー – GIGAZINE

READ  「鬼滅の日」悪魔記録コロナ災害映画館保存興行収入 - シネマ:日刊スポーツ

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close