理科

火星探査機「Perseverance」の中間地点を通過し、火星着陸は2021年2月| sorae宇宙のポータルサイト

火星に向かって飛行中Perseveranceを描いた想像図(Eyes on the Solar Systemより)(Credit:NASA / JPL-Caltech)

日本の時間2020年7月30日、NASAは火星探査機「Perseverance(バーセベランスパーサビアランス)」フロリダ州のケープカナベラル空軍基地から打ち上げました。 Perseveranceは発射直後に一時セーフモードで入ったモノの後続の飛行は順調で円弧状の軌道に乗って地球を離れて火星を目指しています。

NASAのジェット推進研究所(JPL)はPerseveranceが約4億7000万kmの旅の中間点を、日本時間10月28日5時40分に通過したことを明らかにしました。 太陽を公転する火星に普通株式ながら接近するように飛行しているPerseveranceは2021年2月18日に火星の製剤でクレーターに着陸するです。

地球の軌道(青)、火星軌道(オレンジ)、Perseverance軌道(白)を描いた絵。 白い点が中間点を示す。 地球と火星の位置は、出発時(at launch)と到着(at arrival)が表示された(Credit:NASA / JPL-Caltech)

JPLによると、現在のPerseveranceから地球までの距離は約4270万km、火星までの距離は約2880万kmとなっており、すでに火星のほうが近づいています地球とPerseverance通信は、現在片道2分22秒遅延時間が発生していますが、来年2月に訪問時、地球と火星の距離約2億9百万kmまで拡散遅延も11分半まで延長となっています。

また、飛行中Perseveranceは、各種観測機器の検査も行われており、10月15日には地中レーダー「RIMFAX」と酸素の生成実験装置「目視」10月19日には、環境のダイナミクスの分析装置「MEDA」状態の良いことが確認されています。ミッションの部チーフエンジニアを務めるKeith Comeaux氏は「着陸までしなければならないことがいっぱいです」とコメントしています。

また、Perseveranceの現在位置は、NASAが公開している「太陽系の目」で確認することができます(URL:https://eyes.nasa.gov/apps/orrery/#/sc_perseverance)。 Eyes on the Solar SystemでPerseveranceをはじめとする探査と惑星の位置と姿が、実際のデータに基づいて3Dで再現されています。

関連:今どこに?火星探査機「Perseverance」をリアルタイムでチェック

画像クレジット:NASA / JPL-Caltech
出典: NASA / JPL
文/松村武宏

READ  無料影響力がPR記事くれるサービス、Hashgiftを開始します。 Hashgift、Influencers PR posts for free、will be started。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close