science

火星探査機に使用されたNASAの技術「エアロゲル」を採用したアウターウェアが登場| sorae宇宙のポータルサイト

株式会社エクセルリビングは、会社が扱うアメリカ発のアウターブランド「OROS」の新作「エンデバージャケット」をクラウドファンディングで予約販売開始1時間に支援金額1000万ウォンを突破したと発表した。

エンデバーのジャケットは、NASAが宇宙服に使用断熱素材を世界で初めて衣類に適用し、-40℃まで対応する「世界最強」と強調しても過言ではない上着です。 また、暖かいだけでなく、薄くて軽くて動きやすいので、冬のスポーツ、冬の自転車・バイクの運転に適した仕様になっています。

【特徴】
●NASAが宇宙服に使用断熱素材を特許技術で衣類に応用! -40℃まで対応する設備を実現!
●軽くて動きやすく進化! 日本のお客様の声をもとに改善を重ねた一生モノの上着!
●完全防水・防汚・防風機能搭載で、場所や天候に関係なく有効に利用無敵仕様を実現!

また、難燃性素材を採用しており、キャンプファイヤーやBBQなどで発生する火花からウェアに穴があいてしまうこともないが、一生モノであることを強調しています。

気になるNASAの技術が施された断熱素材とは “エアロゲル」というガラスのようなシリカ(二酸化ケイ素)を材料としています。 以前にsoraeでも紹介した優れた素材でエアロゲルは99%が空気になっており、非常に軽量で熱や紫外線を遮断することが可能なため、NASAの火星探査機にも断熱材として使用されています。

凍りついた演技とも呼ばれる「エアロゲル」(Credit:NASA / JPL-Caltech)

OROSは、特許技術は、このエアロゲルを2-3ミリ生地 “太陽光コア」にすることに成功しました。そして、この「エンデバージャケット」を完成したします。

定価は少し高い59,800円(税込)ですが、クラウドファンディングサイトMakuakeは10%割引53,790円(税込)で予約販売を受けています。 締め切りは2020年9月29日から11月末までに提供を予定して「今すぐ購入すれば、今年の冬に間に合う!」とコメントしています。

▲着用イメージ。 適温は10度で-40度

▲下でチョコレートを火を当てても、エアロゲルを介せた場合溶けない! ?

▲OROSはエアロゲルを特殊加工して3ミリ生地「太陽光コア」を独自開発

関連:火星で快適な温度を確保するために「エアロゲル」を使用した研究が進行中

Source:株式会社エクセルリビング

READ  データサイエンスを活用して、インドのユニクルロウル目指しYC開始SockSoho | TechCrunch Japan

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close