理科

火星:ISROは火星に戻り、日本と一緒に月の暗い面を探索する予定です。

月と火星探査を終えた後、インド宇宙研究機構(ISRO)は今金星に目を向け、日本と協力して月の暗い面を探査する計画です。 Akash Tattva会議でISROの将来のミッションを発表し、Ahmedab​​adに拠点を置くPhysical Research Laboratoryの所長であるAnil Bhardwajは、宇宙局も火星に探査船を送る計画だと述べた。

Bhardwajは、月の恒久的な影の領域を探索するために月探査船を送ることについて、日本航空宇宙探査庁(JAXA)と議論中だと述べた。

当初の計画に基づき、ISROが制作した月着陸船と探査船は、月の南極付近に計画された着陸とともに、日本ロケットによって軌道に入る。

Bhardwajは「ローバーは日光を見ることができない永久的な月の影の領域に旅行する」と言った。

彼はPSR地域に残っているすべてが太古の時間の間に深い凍結にとどまったのと似ているので、この地域の探査は興味深いと言いました。

Bhardwajは、Aditya L-1は、400kg級の衛星がラグランジュポイントLと呼ばれる地点で、星を見ることができるように太陽の周りの軌道に配置されるユニークな使命になると述べました。 -1.

軌道は地球から150万キロメートル離れた場所に位置し、コロナ加熱、太陽風加速、コロナ質量放出の開始、フレア、地球近くの宇宙天気を理解しようとします。

Bhardwajは、Aditya L-1とChandrayaan-3のミッションが早ければ来年優先的に実施され、金星ミッションとJAXAを使った月ミッションが続くと述べた。

Chandrayan-3に搭載された月探査船の成功は、JAXAと共にミッションに再び使用されるため、非常に重要でした。

READ  JST、DOSTは新たな基準に基づいて関係をさらに強化するために努力しました - Manila Bulletin

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close