為替レートが日本銀行に挑戦状を出しています。 連盟の措置により、日本の状況がさらに複雑になった

1 min read
読売新聞
上田和夫日本銀行総裁が5月8日、東京で開かれた読売国際経済学会(YIES)シンポジウムで演説している。

今年3月、上田一雄総裁が率いる日本銀行は黒田春彦前任者が施行した長い「他の次元」通貨緩和措置を終了した。 BOJが17年ぶりに金利を引き上げたが、円安とドルの強気基調が続いてBOJに対する批判が激しくなり始めた。 コロナ19ファンデミック以前にもBOJは円高に対処するしかなかったが、今の新たな課題は円弱に戦略的に対処することだ。

近年、日本だけでなく多くの国でドルの強みによる自国通貨価値の低下を懸念している。

米国連邦準備制度(Fed・連준)がインフレ統制に安心力をかけており、ドル貨幣のグローバル強勢を引き出した米国連邦準備制度(Fed・連준)が高い政策金利を長期間維持すると、金融市場はますます期待している。 。 新興経済局は、通貨の弱さによって輸入物価の上昇によるインフレが発生し、ドルの負債返済負担が大きくなるという点で懸念が高まっている。

しかし、米国はドルの強さが米国経済の強みを示す信号だと信じて無関心な姿だ。 世界の基軸通貨であるドル制度の下で、他の国々はしばしば米国の経済政策に依存します。

この過酷な現実は、1971年に米国の財務大臣ジョン・コナリーが、ニクソン・ショックが発生したばかりのアメリカ大統領、リチャード・ニクソン政権の時代にローマで行われたG10会議で、ながら、しっかりとまとめられた。 米国はドルの金の哀悼を中断し、ドル準備通貨体制を揺るがした。

コナリーは「ドルは私たちの通貨ですが、それはあなたの問題です」と述べた。

他の国々を衝撃に陥り、今日も引用されているこの発言は、米国がドル基軸通貨体制の下で特別な責任にもかかわらず、しばしば自国の利益を最優先に考える方法を象徴しています。

例えば2010年11月11~12日、ソウルG20首脳会談で各国はバラク・オバマ米大統領に集中砲撃を加えた。

2010年11月3日、ヨンジュンは6,000億ドル規模の国債を買収する2次量的緩和(QE2)を施行し、市場にお金を注ぎ込んで米国経済を支えました。

同時に、QE2は世界中でドルの価値を下げ、新興経済国に大きな影響を与えました。 収益性の高い投資機会を見つけるために、資金が新興経済国に流入し、その国の通貨価値が上昇し、輸出に当たった。

米国は2008年秋の金融危機の起源であり、他の国々は他の国への影響を考慮せずに大規模な通貨緩和措置を取る米国の利己主義を強く非難しました。

2010年首脳会談の直前、アジア太平洋経済協力体(APEC)財務長官会議で、ティモシー・ガイトナー米国財務長官は「米国は私たちの競争力を強化するためにドルを使う意図がない」と主張するしかなかった。 私たちはドルの役割と特別な責任を認識する」と述べた。

しかし、私が特派員資格でG20首脳会議を取材したとき、米国は他の国の批判について大きく懸念する姿は見られなかった。

ベン・バーナンキ・ヨンジュン議長は退任後「行動する勇気」という本を書いてこう回顧した。 「私たちの発表一週間後、オバマ大統領は韓国ソウルで開かれたG20首脳会談に出席している間、QE2に対する激しい批判を聞いた。 二ヶ月後に再び会ったとき、私は彼に多くの迷惑をかけたことについて冗談で謝った。 彼は笑い、私たちが一週間待っていたら良かったと言いました。」

振り返ってみると、日本はQE2の最大の影響を受けた国のひとつだったでしょう。

実際、2次量的緩和以後約1年後の2011年10月31日の円価はドル対75.32円で、2次世界大戦以来最も高い水準を記録し、日本経済を困難な状況に陥った。

当時、日本経済は同時に6つの圧迫を受けていました。

■円高

■高い法人税率

■整頓解雇など厳しい労働規制

■自由貿易協定の遅延

■厳格な温室効果ガス削減目標

■東日本大震災による電力不足

世論は、特に円高のためのBOJの無反応について批判的だった。

通貨政策は為替レートに大きな影響を与えます。 国際的に資金が有利な投資機会方向に移動するにつれて、中央銀行が政策金利を引き上げると、通貨が上昇し、政策金利を下げると通貨価値が低下する傾向がある。

しかし主要先進国中央銀行は物価安定を目標に通貨政策を施行している。 自由市場が為替レートを決定する必要があるため、経済政策は為替レートを目指してはならないという伝統があります。

BOJは2008年から2013年まで、白川正明知事の司祭でこの伝統を誠実に守ってきました。 したがって、BOJが一連の通貨緩和措置を導入したにもかかわらず、低迷し、ドルに対する円の価値の上昇を元に戻すことはできませんでした。

最近数カ月間、あるBOJ関係者は「ヨンジュンのQE2がなければ、BOJは黒田総裁の下でこのように大規模緩和プログラムを施行する必要がなかっただろう」と回想した。

2013年春、安倍晋三首相が白川の後任者に任命した黒田は、物価安定目標2%を達成し、デフレを早急に終息させるために多次元の通貨緩和を導入しました。

BOJは、通貨緩和措置が円の価値の上昇を正すことを直接目標としていると正式に明らかにしていないが、多くの経済学者はこれが重要な目標であると考えている。

BOJの通貨政策を為替レート安定性の観点から評価すると、通貨緩和で過度な円高の上昇が確実に是正され、為替レートは2022年春までにドル当たり100~120円程度で安定したと見られる。

物価安定2%達成というBOJの政策目標は、円高を抑制しようとする現実的な目標と深い関連がありました。

しかし2022年春以降、コロナ19ファンデミックの経済的影響で円高から円安に問題が変わると、この戦略はBOJの弾力的な対応を難しくした。

連盟の金利5.25~5.50%とBOJの政策金利約0.0~0.1%の間の大きな格差が円下落圧力を加重しています。

日本が輸入依存度の高い分野であるエネルギーコストが絶えず高まっており、かなりのデジタル貿易赤字と企業の海外工場移転傾向がいずれも円安の圧力を大きく強化しています。

G7の唯一のアジア加盟国である日本は、経済的立地と国際金融における役割において特権的な位置を占めています。 しかし、中国やその他の新興経済国の負傷により、日本の影響力は1995年に全世界国内総生産(GDP)の約18%からドルベースで2022年に4%に減少しました。

円高の長期化を懸念している日本経済が国力が衰退して円の弱さを克服するための新しい局面に入るべきか、それとも円の弱さが一時的であるかどうかは予測しにくい。

円安との戦いが長期化すればBOJは果たして余裕があるだろうか?

もちろん、BOJは円安を防ぐための通貨政策を実施しないと公式に明らかにするだろう。

しかし、円安の社会的非難が大きくなる中、BOJは通貨政策を運用しなければならない。 経済学者は、BOJが円安を防ぐ最も効果的な方法は、金利を早く引き上げることだと思います。 実際、新興国と発展途上国の中央銀行が自国通貨を保護するために金利を引き上げることは珍しいことではありません。

しかし、BOJが政策金利を急速に引き上げると、景気が鈍化する可能性があり、物価安定目標である2%達成がさらに困難になる可能性があります。 また、中小企業の資金調達がさらに困難になる可能性があります。 高い住宅ローン金利はまた消費者支出を減らす。 金利を引き上げるには政治的な障害物が高い。 大衆への悪影響は、容易に目立つことができるからです。

中央銀行のガバナーは経済の指揮者と同じです。 昨年、表彰台に上がった上田首相は、類例のない通貨緩和措置を終息させ、通貨政策を調整する重大で難しい課題に直面している。

円安の問題に直面した上田首相は自身の政策趣旨を説明し、時には過熱した金融市場に自制という戦略的メッセージを送らなければならないだろう。

政治的パルスは毎週土曜日に現れる。


岡田明広

岡田明広は読売新聞の論説委員だ。


READ  日本の8月の起源インフレは小幅鈍化すると予想 - ロイター世論調査
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours