無敗の台湾が世界ランキング1位の日本を破ってU-18決勝で再び対戦する。

1 min read

台湾、9月9日(CNA)去る土曜日、台北で開かれた世界野球ソフトボール連盟(WBSC)U-18野球ワールドカップスーパーラウンドで台湾が世界ランキング1位日本を無敗行進を続けて崩した。

台湾代表チームは投手たちのしっかりとした守備と盗賊チウ・ヒシン(邱鑫)の優れた活躍で日本を相手に5-2勝利を収めました。

日本はオガタレン(Ren Ogata)の速いスピードで2回ぶりにホームに安着し、台湾選抜チェン・ウェイチェ(曾偉喆)を抜いて初のイニング先制ゴールを破った。

オガタは続けて打者として出て、日本の最初の得点と最後の得点を記録した。

台湾は1回末複数の盗塁と日本の爆闘と失策を活かして3点を注ぎ出した。

1回末、台湾の初打者チウが日本選抜の高橋コキのボルネットを受け、マスター盗賊として認められた。

その後、Chiuは2塁と3塁を共に盗んだ後、チームの主張Wang Nian-hao(王念好)が作った機会を受けてホームに戻り、彼は外野手Hsu Ting-lun(許庭綸)と共に打者 Lin Chia- wei(リム佳威)が高橋の大まかなヘルメットアシストでボックスの中に入りました。

高橋の活躍により、2回の馬救援投手のKodai Moriが交代し、台湾のTsengが同じイニング序盤に日本を効果的に防ぎました。

2回末には、Hsuが犠牲フライを打ち、捕手Hu Meng-chih(胡孟智)をホームに送って得点を上げた後、台湾が4-1にリードしました。

Tsengのヘルムは台湾に円滑な守備を提供し続けたが、Linは私の野獣Chang Chao-hungのもう一つの犠牲フライとして家に送られ、台湾の5番目で最後の試合の得点を得て日本の努力は失敗するしました。

日本はそれぞれ4回と5回に無事にイニングを送った後、救援投手Wang Yen-en(王彥恩)がTsengに代わってついにOgataの6回初の追加得点を記録しました。

日本が7回まで追加得点に失敗すると、台湾は5-2で勝利し、U-18国際大会無敗行進を続けた。

台湾と日本は日曜日、台北ティアンムスタジアムで再び対戦する予定で、両チームとも金メダルと銀メダルをめぐって激しい競争を繰り広げる予定だ。

主催側によると、2019年チャンピオンの台湾が日曜日まで台中の天武スタジアムとインターコンチネンタル野球場、スポーツ庁が運営するスタジアムで大会を開催するのは10年ぶりに初めてだ。 。

8月15日現在、世界ランキング1位は日本が占め、米国が昨年フロリダ大会でWBSCランキング5位の台湾を破って優勝を獲得し、続いた。

READ  大幅に増加し、広島塹江名品炊飯器の購入も体重増加に使用していない - プロ野球:日刊スポーツ
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours