経済

無駄だ! 日本の食糧持続可能性の挑戦

日本はしばしば「モタイナイ」に翻訳される「モタイナイ」文化で有名です。なんと無駄!」、日常生活で捨てられることを減らすよう奨励します。 同時に、日本政府と民間部門および市民は、最も普遍的な無駄な食糧損失および廃棄物を減らすために苦労しています。

2019年度の農林水産省(MAFF)と環境省(MOE)は日本 570万トン 「食糧損失と無駄」。 家庭(310万トン)または企業(260万トン)で生産され、年間市民一人当たり45kgに達します。 見積もりによると、総額は 削減 前年度会計年度より5.2%、7年前より約12%減少した。

食べ物を捨てることはエネルギーを無駄にすることです。 生産段階と無駄段階の両方に使用されます。

ただし、そのような統計は適切な状況で行われるべきです。 日本の家庭で発生する食物ごみは、市町村で回答した有効な結果を全国に適用して推定されます。 環境省 報告 人口の少ない自治体は、時間がかかるこのプロセスをスキップすることがよくあります。 これは、現在の統計が大都市の結果に集中しすぎる可能性があることを意味します。

2015年の国連サミットで採択された持続可能な開発目標は、2030年までに世界中の一人当たりの食品廃棄物を半分に減らすことを提案した(SDG 12.3)。 このような野心を支援するために、日本は2000年に記録された550万トンから2030年まで食料損失と廃棄物を半分に減らすことを目指しています。 この目標は 国の2019年食品リサイクル法。 国内で食べ物やゴミが減っているようだが、この目標を達成するためにはまだ行く道が遠い。

世界的な合意に加えて、この国は挑戦を解決するためにそれなりの動機を持っています。 生ごみ焼却量は 膨大な経済的負担 日本の公共部門では、地方自治体が食品廃棄物を含む非産業廃棄物を処理するために毎年数百万ドルを費やしています。

実際に食べ物を捨てることはエネルギーを無駄にすることです。 生産段階と無駄段階の両方に使用されます。 水を含む廃棄物は、焼却プロセス中に二酸化炭素を排出します。 廃棄物をバイオマスと考えるMAFF 推進 メタン発酵によりリサイクルします。

輸入食品は、国内生産食品よりも多くのエネルギーを無駄にする傾向があります。スチュアートランキン/フリッカー)

日本の低カロリー食品 自給率 もう一つのインセンティブだ。 輸送のため、輸入食品は国内生産食品よりも多くのエネルギーを無駄にする傾向があります。 MAFFの フードマイレージ 輸入食品の量に食品が生産された場所からの距離を掛けたものを測定する指標は、この傾向を強調します。 日本のフードマイレージはかなり 高い 日本は地理的に離れているので、他の国に比べて

持続可能な開発目標を達成するために、日本政府は食料損失と廃棄物に関する2つの法案を制定しました。 食品リサイクル法 2000年に事業者を対象として 生ごみの減量と減量促進に関する法律 2019年に。 」国家運動としての食糧損失の減少」、後者は日本の市民が持続可能な行動を取るよう奨励する。

これらの法的枠組みに基づいて、日本政府は食品の損失と廃棄物を減らすために国の商業慣行を検討し始めました。 イニシアティブの1つは拡張 この国の悪名高い厳格な賞味期限 小売業者がより長い期間食品を販売できるようにします。

日本の消費者が食べ物の喪失と無駄についてもっと意識しているという兆候があります。

もう一つのイニシアチブは国のいわゆる」3分の1の法則「それは卸売業者が生産と賞味期限の間の1/3以内に小売業者に配達されていない製品を廃棄することを要求しました。政府の提案はこの期限を上半期まで延長することでした。

国の民間部門では、先進技術によりオンラインプラットフォームが革新することができました。 というウェブサイト 倉田市 賞味期限がほぼ終わった食品を低価格で販売します。 コンビニエンスストアローソンが導入した AIベースの食品在庫管理システム 未分配の製品を最小限に抑えて食物ごみを減らす製品です。

国の食品廃棄物を減らすための消費者中心の草の根の努力は、より伝統的なアプローチに従いました。 フードバンク そして コミュニティ冷蔵庫 助けが必要な人に寄付された野菜を無料で提供することが人気を得ています。 コロナ19ファンデミックの経済的影響 需要の増加 食料配給のため。

日本の消費者が食べ物の喪失と無駄についてもっと意識しているという兆候があります。 によると 日本金融公社調査、ほぼ60%の消費者が衝動購入よりも食料品の買い物計画を立てるなど、食物ごみを減らすための措置を講じます。 世代の違いも消費者意識のこの変化を説明しているようです。 消費者庁 設立する 70歳以上の消費者の90%以上が食品の損失と無駄の概念に精通していますが、20代の若い消費者の場合、約65%が残ります。

日本で食べ物ごみや損失を減らすための努力が弾力を受けています。 それにもかかわらず、この国は、2030年までに食品廃棄物を半分に減らすというグローバルな目標を達成するために、政府、民間部門、個人市民の追加の約束が必要です。

READ  Netflix、ユーティリティ連携で日本の農村地域の成長動力の確保

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close