経済

焦点:「ワクチン不信 “どのように説得米国コロナウイルスの鍵握る啓発活動| ロイター

[16 일 로이터]- 「ナショナルブラック処置イニシアチブ」は、11月ボルチモアの教会15箇所による地域キャンペーンを主催した。黒人住民にインフルエンザの予防接種を開発することが目的である。しかし、人口60万人の同時での参加者は11人にとどまった。

12月16日、すでに米国で30万人以上の死者を出した世界流行を終わらせるためには、今後、より多くのワクチン会議派説得が生命に関するCOVID-19の予防措置を受けてもらうという課題がある。 写真は14日、米国フロリダ州ミラマーの医療施設で、ファイザー社雨テック社のワクチン接種看護師(2020年ロイター/ Marco Bello)

主催団体長、アンソニー・エヴァンス牧師は「(新型コロナウイルス)ワクチンを準備する際に受けるものと見られることを避ける感に対して、本番のようなリハーサルになったと把握している」と述べた。

ファイザー、雨テック共同開発した新型コロナウイルス配布する膨大な作業を開始しようとすると、米国全域をトラックが戻って通っている。 モデストルナ、ジョンソン・アンド・ジョンソン、アストラゼネカが開発したワクチンが承認されると、動きはさらに活発になるだろう。

すでに米国では30万人以上の死者を出したパンデミックを終わらせるためには、今後、より多くのワクチン会議派説得が生命に関するCOVID-19の予防措置を受けてくれるという課題がある。

連邦政府レベルの保健当局、非営利団体(NPO)のマーケティング関係者は、すべてのアメリカ国民にワクチン接種を促進するためTV、ウェブサイト、ソーシャルメディアを通じた公共キャンペーンを準備中だ。 だから重視されているが、ウイルスによって最も困難な打撃を受けている人種少数民族に以前からずっと見ることができる、そして歴史的な経緯を考えると、無理のないワクチン接種への不信感に対処するものである。

1950年代ポリオワクチン接種促進など国家レベルの努力を成功させてきたことで知られるNPO広告協議会は、1月に開始予定の新型コロナウイルス接種広報キャンペーンを準備している。

広告協議会のリサてんとう最高経営責任者(CEO)は、インタビューの中で、「有色人種のコミュニティは、最初から不均衡程度COVID-19の影響を受けている」と述べた。 「公共の認識キャンペーンは、これらの集団を重視することが重要であり、これまでよりも積極的に予防接種を受けることができるよう事実を伝えたい」

協議会は、まず、民間部門で5000万ドル(約51億6000万円)を調達することを目的としている。 ソーシャルメディアを運営するフェイスブック、スナップ、レディ土曜日のスポークスマンによると、各社とも広告スペースの提供を予定しているという。

少数民族のコミュニティを対象とした公共サービス広告(PSA)を製作するグループに最優先課題は、適切なメッセージの送信者を見つけるだろう。

8月に広告協議会はアカデミー賞、エミー賞、トニー賞を受賞した経験がある俳優ヴィオラ・デイヴィス氏は、米国で最も獲得メダル数が多く体操選手シモーネバイルーズ氏と契約を結び、マスクの着用を促進広告キャンペーン」You Will See Me」に起用した。

同協議会では、PSAの具体的な内容や、スポーツや音楽、ソーシャルメディアなどの分野で誰を起用するかなど、新たなワクチン啓発キャンペーンの詳細については、まだパッケージしないと述べた。

シャーマンCEOによると、広告協議会は、ジョー・バイデン次期政権移行チームと計画の調整作業をしており、保健福祉部(HHS)と疾病管理予防センター(CDC)と協力していく。

退任するドナルド・トランプ大統領の政権でもこれとは別に、過去2億5000万ドルを投資した公共の認識キャンペーンを開始した。 HHSはトランプの再選戦略のための連邦予算流用は許可されてない場合、民主党が警告したことを受け、「Inspire Hope」と名前を付けたキャンペーンに有名人を起用する計画の一部を停止した。

HHSのスポークスマンマーク・ウェバー氏によると、「ワクチンに対する信頼を高める」キャンペーンは、予防接種を躊躇米国民の「動いて簡単な中間層」を対象とする。

ワクチン全般を頑強に拒否する人とは異なり、新型コロナウイルスが記録的なペースで開発されたことを理由に、安全性を懸念している米国民は多い。

トランプ政権の啓発プログラムも「黒人、ヒスパニック、先住民社会でワクチン懐疑論」を認識してウェーバーのスポークスマンは言う。また、このような努力は、多文化マーケティング企業の指導も見ているという。

バイデン氏の政権移行チームは、ウイルスの伝播を止められるような集団免疫の構築に必要なワクチンの信頼と幅広い接種受け入れの必要性を伝えていく最善の方法を模索している。

前・元大統領バラク・オバマ、ジョージ・W・ブッシュ、クリントン方は、国民の説得に接続する場合、自分のワクチン接種の姿を撮影してくれても構わないと述べた。

<역사의 긴 백신 불신>

数十年にわたる医療へのアクセスの治療の格差臨床試験への参加を過小であったため、黒社会でワクチン不信は根強い。 また、梅毒の経過を観察するために、アフリカ系アメリカ人の男性が感染の事実を通知せずに放置された悪名高い「スキギ実験」などの医療をめぐる残酷な事件の歴史も背景にある。

広告協議会と協力研究グループ」COVID-19コラボレーション」が最近実施した調査によると、アメリカ人の中で、「ワクチンの安全性を信頼している」と回答した割合は、黒人14%、ヒスパニック系系では34%にとどまっている。

先週発表されたロイターの世論調査によると、COVID-19ワクチン接種に関心があると答えた黒人は49%で、これに対して白人は63%であった。 公衆衛生の専門家によると、集団免疫の実現に必要な予防接種率は約75%とする。

WIPP傘下ファイジャウル長いクライアントとする広告代理店オグルヴィヘルスケイトクローニンCEOは副作用など予想される事態について知っておく受けることが重要であると言う。

ウェーバーのスポークスマンによると、HHSは、プログラムの一環として、多様な背景の人々を集めたフォーカスグループを作成し、例えば、米国先住民対象のラジオ局など特定のグループが愛用しているメディアに出荷するワクチン忌避軽減のための広告を制作する役立つれようとしている。

マーケティングコミュニケーション企業FCB健康ネットワーク医療産業部門を率いるサマー・バズ氏によると、ワクチンの臨床試験で有色人種の参加者もワクチンの安全性を、同じ人種、社会にアピールするためにCM出演を要求される可能性があるという。 FCBクライアントはファイザーとアストラゼネカが含まれています。

NFLニューヨーク・ジャイアンツの元選手で、現在は、ESPNデポテスト解説者を務めるラウルアレグルさんのような人物も重要な役割を担うかもしれない。 61歳のアレグルさんは、妻と一緒にモデルルナが続いワクチン臨床試験にボランティアとして参加している。

彼は「COVID-19の予防ネットワーク」が制作した、英語・スペイン語でのソーシャルメディアでのキャンペーンに出演している。

「ワクチン接種への参加を促す内容である。ヒスパニック系、アフリカ系はリスクが高いから」とアレゴーグルと述べた。 “メッセージは、”さあ、ユヘンソンルル倒そう」である “

(翻訳:にァクレレン)

READ  ウィルグループ【6089】、上期税引き前を42%上方修正、通期も増額、配当も4円増額| 決算速報 - 株探ニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close