スポーツ

照野富士、妙技類を破って初週無敗行進

横綱 土曜日に、土曜日にランキングやファイル相手のMyogiryuを簡単に処理し、無欠点7-0の記録で、九州グランドスモツアーの開幕週を終えました。

彼はリードを共有します ozeki 3位戦でも無難だった高케이ショー 前ヶ島 Okinoumi on Day 7 at Fukuoka Kokusai Center.

sekwake そして現在3位Myogiryu(2-5)の決勝戦で孤独なグランドチャンピオンのTerunofujiが、最初の突進から事実上無敵のダブルロックを構築しました。

そこでモンゴル生まれの巨人は、自分の不運な敵を砂の表面に投げるために横にねじるだけです。

今年日本国籍を獲得した照野富士は、歴代最高の白湖が最近引退した後、相撲の唯一の現役横綱であり、六番目の天皇杯を目指している。

TakakeishoはOkinoumi(2-5)に対して最初から指揮を務め、数秒で彼を前後に吹き飛ばしました。

首の負傷により7月の大会で棄権することに苦しんだ高明祥は、グランドトーナメント2回の勝者であった彼のトレードマークである爆発力を取り戻したようです。

別の夜間共同リーダーである15番Abiは、15日の大会で12番北藤富士(5-2)との試合で初敗北し、戦果の戦いで敗れた。 komusubi スラップダウンで。

に戻る マクウチ 福岡大会で27歳のAbiは、2020年7月大会でコロナウイルスの安全規則に違反して3つのトーナメント出場停止を受けた後、すぐにディビジョンを再び上がりました。

また再び不振なトーナメント出発をしていた大関翔台は4位の宝富士(3-4)を追い出し、4-3で乗り場を駆け抜けた。 ペアは、Shodaiがダブルインサイドグリップを獲得し、タカラフジを結ぶ前に位置を置いて競った。

積水三菱は、ふわふわのコムスビキリバヤマ(1-6)を軽く押し上げ、6-1で1勝を収めました。

第三天皇船を狙う三竹美は、初めに相手を粘土に投げた後、エネルギーを節約できました。

6位の玉沢市は5位の高安(4-3)を押し出して6-1で1勝を収めた。 1回グランドトーナメント優勝を獲得したモンゴルのこの選手は強力なオープニングヒットを飛ばし、以前の大関相手をすぐに追い出した。

関わめいせいは相撲で3位にランクされた2回目のトーナメントで引き続き頑張って、No. 2 Onosho(2-5)にスラブダウンで負けながら3-4に落ちました。

鹿児島県出身の27歳の選手は、9月のトーナメントの最後の日に勝利を収め、自分の順位を維持したばかりのデジャビューを感じているかもしれません。

Komusubi Ichinojo(3-4)は、1位のWakatakakage(2-5)を制圧し、3連敗を記録しました。 巨大なkomusubiは約80kgの重量の利点を最大限に活用し、オープニングで相手を吹き飛ばしました。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  日本のシュガー、短期リーダー名簿に参加

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close