理科

熱帯の嵐 Mariは大雨と風で日本を襲う。

日本の気象当局によると、熱帯の嵐の盛り上がりは、土曜日に日本の首都である東京に向かって北に向かい、日本の主要本州島に大雨を起こしました。 日本の気象庁は、マアリが午後、東京南西部の静岡県に上陸し、突然の大雨と強い風を広範囲な地域にもたらし、地すべりや洪水に対する警報を発令したと明らかにした。

この地域の主要都市である静岡では、72,000人以上の人々が地すべりの可能性のために避難するよう指示されました。

時速72キロメートル(45マイル)の持続的な風を乗せたエマリは静岡を過ぎて時速約20キロメートル(12マイル)の速度で移動しており、北に移動し続けた後、東に向かって太平洋を越えると予想されました。 日曜日の早い海。 東京地域は、朝遅くから定期的に降り注ぐ大雨により被害を受けた。 東京、神奈川県、東京南西部、その他近隣地域に海岸地域に高い波注意報が発令されました。 当局は、水位が突然上がる可能性があるため、川や他の水の近くに行かないように警告しました。 彼らは夕方に東京と東京の北部地域で雨が悪くなると言いました。 東京地域に洪水、強風、豪雨注意報が降りました。 日本のメディア報道によると、雨が家に注がれ、人々が傘にぶら下がっている間、通りを走りながら川がほぼ橋のデッキに触れるほど危険に上昇するビデオを示しました。 日本は夏休みの季節が真っ只中で休暇を楽しむ人々が群れをつけて旅行をしていますが、一部は計画を取り消したり変更しなければなりませんでした。 1週間前、東京東部千葉県で始まったロックであるジャパンフェスティバル2022は、野外フェスティバルの最終日である土曜日のイベントをキャンセルし、チケット払い戻しを約束した。 全日本空輸は嵐に対応して一部地域のフライトをキャンセルしました。 低コスト航空会社のスカイマーク航空も一部のフライトをキャンセルした。 新幹線の運行が遅れ、静岡のトンネル速度制限が一時的に低くなった。 東京と名古屋を結ぶ東名高速道路区間は、大雨により一時的に遮断された。 日本北部は最近集中豪雨で地すべりに対する懸念が高まっています。 雨は日曜日の初めに東京地域にとどまると予想されたが、以後日本北東部地域を襲うと思われる。

世界で3番目に大きい経済は、ダムを損傷し、屋根を吹き飛ばし、送電線を壊す季節の嵐と集中大雨による死亡や怪我を頻繁に目撃しました。

(このストーリーはDevdiscourseの従業員によって編集されておらず、シンジケートされたフィードから自動的に生成されます。)

READ  イギリス、遺伝子編集作物や動物のためのルール緩和| 科学

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close