経済

熱心なエアマイルファンは、早く休むために日本の他の端に飛び、家に向かいます。

北海道門別 – 報酬プログラムより先に維持するために航空マイレージを増やすことが唯一の目的である東京から来た飛行機旅行者がここ日本最北端にあるオホーツク門別空港に群れを降りてきています。 約30分後。

空港でスナックやお土産を提供する地元企業は、「ターチャー」として知られる人々のためにレッドカーペットを敷いています。

ニックネームは、モンベツと首都羽田空港の間を急速に往復する旅行者のタッチアンドゴースタイルから派生しました。 ある日は、ルートのすべての乗客の最大半分を占めます。

Touchersは、フライトマイルに基づいて航空会社が提供するロイヤリティプログラムに従って、より高い地位を獲得し、より良いサービスを受ける共通の目標を共有します。

門別観光振興工事の副社長、中島中島は「この道は地域の命を救うことだ」と語った。

4月10日の早い午後には、訪問者が受け取る歓迎に関する典型的な洞察が提供されました。 門別空港展望台で地元の二人が大きな青い手型の商品を披露していました。 その横には「門別タッチ」と「ウェルカムバック」という道標がついていた。

二人は、辻別セントラルホテルの取締役田中由紀と辻別観光庁を代表する工藤生子でした。 彼らは通常、空港で日帰り旅行者を迎えるために手にあります。

All Nippon Airways Co.は、毎日羽田から門別への定期便を1便提供しています。 春の路線の乗客は午後12時30分に門別空港に到着し、午後1時10分に出発します。 片道便で1時間45分です。

すると、タッチする人がタッチした後に無駄にする時間がほとんどありません。

彼らの最初の仕事は、観光工事カウンターで認証カードのスタンプを受け取ることです。 カウンターの後ろには、クイックターンアラウンドの旅行者の名前と到着番号を表示するパネルがあります。

一人が50回以上訪れました。

17人の日帰り旅行者は、その日の昼休み飛行機に乗って東京に戻り、これは飛行乗客36人のほぼ半分を占めました。

熱心なエアマイルファン

出張および観光を主に対象とする商用顧客優待プログラムは常連客を対象に 生放送 飛行マイル。

フライヤーは可能な限り効率的にフライトに乗って最高ランクを維持しようとします。 彼らは仕事への禁欲的なアプローチのために時々「訓練中の僧侶」に例えられます。

COVID-19 感染前に日本に拠点を置く商用顧客は、航空マイレージを集めるために主に東南アジアを中心に国際路線に頼っていました。

しかし、海外旅行が禁止された地域になると、日本国内の長距離便を選択し始め、羽田空港から門別への旅行は、フライト費用が48,000円($370)という合理的な代替案を提示しました。

航空マイレージを獲得するために北海道に飛んできた乗客が4月9日に到着するとすぐにモンベス空港本館まで歩いていく。 (伊藤忠之)

他の国内旅行先でもマイレージ特典が提供されていますが、門別は有名なマンボミュージシャンパラダイス山本の努力で特に人気を博しました。 彼はこの現象についての本を書いており、これは観光産業内で豊富な選択に対する認識を広げました。

昨年1月、山本はクラブハウスボイスチャットアプリを通じて攻撃的な航空マイレージコレクターとの情報交換に参加した。 元別セントラルホテルの田中はそのニュースを聞いて山本に助言を求めた。

山本と助けを借りて昨年6月、コロナ19緊急時のボーイング737-700便に70人のタッチカーが搭乗した。

中島は開発状況を知った後、日本最北端の本島にあるこの都市に客席シェアを高め、より多くの訪問者を誘致するためにタッチする人により多くの座席を割り当てることについてANAに接近しました。

門別空港から到着ランキングパネル、スタンプカード、ステッカーをご用意しました。 地域管理者はまた、9月に商用顧客に特別なTシャツを提供するキャンペーンを開始しました。

この努力の結果、座席シェアは昨年3月に終了した会計年度の年平均より5ポイント高い42.0%を記録した。

この期間の乗客2万8732人のうち日帰り乗客は6042人だった。 これは、単に航空マイレージを獲得するために1日平均30人がMonbetsuを訪れると解釈されます。

「貴重な資産」

これらすべての派生は、この地域の主要病院センターが現在十分な数の医師を持っていることを保証することです。

この地域医療の中核機関である菅別総合病院は、羽田空港から出発するフライトが中断または縮小された場合、医師が日本の他の地域で北海道に早く到着できない可能性があると懸念した。

この地域の生命の銀人道にラベルを付けた中島は次のように語った。 旅客輸送量の20%を占めるという事実に驚きました。

ここで多くの人々が疑問に思う質問は、日帰り旅行者が実際に地域経済に大きく貢献しているかどうかです。 これについての質問に、ほとんどの旅行者は、以前の訪問で地元の文化をサンプリングした後、門別への一泊旅行を始めたと述べました。

ある旅行者は「何度もここを訪れてお土産屋に陳列された大腿などの商品を見ていれば、私たちも滞在したい気分になる」と話した。

しかし、地元の観光産業は現在の成果に安住していません。 それはブームを利用するために訪問者を引き付けるためのより多くのアイデアを出す必要があることに気づきます。

中島氏は、「私たちが気をつけなければ、感染症が落ち着いたら、触れる人が国際線を利用することに戻ります」と語った。 「私たちはこの貴重な資産をどのように活用するかを慎重に検討する必要があります。

READ  日本で自動車販売が困難になっている中、ディーラーは老年層に集中しています。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close