経済

物価2%に道コロナの影響緩和する明確に – 黒田日銀総裁 – Bloomberg

フォトグラファー:Kiyoshi Ota / Bloomberg

日本の銀行の黒田東彦総裁は29日、金融政策決定会合後の会見新型コロナウイルス感染の影響が落ち着けば、2%の物価安定目標に向かっての道をより明確にすると述べた。 日本の銀行の上場投資信託(ETF)買い入れはコロナ流行に市場の不安定な動きを緩和する効果があったとの見方も示した。

総裁は、現在の金融政策運営は、新型コロナに対応し、資金繰り支援策と金融市場の安定化策を優先することが「最も必要だ」と指摘した。 物価2%の目標は、事実上、保留状態にあるが、コロナの影響が和らぎにつれて「経済活動の刺激と安定の目標に向けた道をより明確にしていくことができるよう政策の比重が動いていく」と述べた。

この日の決定会合では、新型コロナウイルス感染への対応を含め、現行の金融政策の維持を決定。 同時に発表した「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」では、2020年度の経済成長率と消費者物価の見通しを下方修正した。

金利決定後日銀総裁黒田晴彦記者会見

フォトグラファー:Karina Nooka / The Nikkei / Bloomberg

 

展望レポートは引き続き日本の銀行が目標とする物価2%の目標達成が遠い姿が現れたが、総裁は、政府との共同声明に言及しながら、現在も早期の2%の実現という目標は、「維持しており、それ自体は変える必要がない」と断言した。

総裁は、ETF買い入れについて、市場の状況に応じて柔軟にしていると説明した。 経済と市場が安定来れば出口も議論するとしたが、現在はずっと必要な施策という認識を示した。

また、長短金利操作ポリシーのイールドカーブの状況について非常に長期金利は「降り過ぎる生命保険と年金の運用収益率が大幅に低下し、間接的に消費者のコンフィデンスに影響を与える可能性がある」と超長期国債の買い入れについて「終了、またはカーブ全体仕入れの見直しが必要適切であるとは考えていない」と述べた。

2020 – 22年の展望

予想時間実質GDP主要CPI参考中核CPI
2020年シプウォル-5.5-0.6-0.7
七月-4.7-0.5-0.6
21年シプウォル3.60.4
七月3.30.3
22年シプウォル1.60.7
七月1.50.7
出所:日本の銀行・展望レポート(単位:%)参考CPIは消費税率引き上げ・教育無償化政策の影響を除くと、

新型コロナの国内外の経済への影響をめぐり、不確実性が強い改めて強調した。 続いて、現在の金融緩和措置を適切に実施すると説明した。 資金繰り支援策が効果を発揮しているとし、必要に応じて延長する考えを示した。

超低金利環境の長期化により、一層の金融仲介機能と金融システムに負荷がかかりやすい状態になっているが総裁は、現在の金融仲介機能が停滞リスクは大きくないと予想しているし、「今後も感染の影響を確認し、様々な可能性について、金融機関と連携しながら、必要な対応策を用意していく」と述べた。

ブルームバーグ経済のマスゆきシニアエコノミストは「実質GDPと消費者物価の見通しの下方修正は、景気浮揚の課題を浮き彫りにしたが、実際に政策スタンスが揺れないだろう」と分析した。 欧州の新型コロナ感染再び拡大と米国の大統領選挙をめぐる円高を不安要因として挙げ、「政策転換が差し迫っことは見ていないが、日本の銀行は、経済の潜在的な影響について警戒を続ける必要がありている」と述べた。

決定会議で「主要な意見」は11月9日、「医師要旨」は、12月23日に発表される予定である。

黒田総裁の物価目標に関する発言などを追加して更新しました

READ  ジープ、ハードコアモデル「ラングラーアンリミテッド・ルビコン」に限定車「シリコン」 - Car Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close