独占| 「香港でインターネットを利用できますか?」 日本の特使は都市について「否定的な話」をしたが、自国企業はそのまま維持していると述べた。

Estimated read time 1 min read

」から [the bay area] 規模の面で膨大な規模を持っています [gross domestic product] … 多くの日本の実業家は、彼らに多大な機会があると信じています」とOKADAは言いました。 「それで彼らはまだここにいるのです。」

湾地域は、香港、マカオ、中国南部本土の9都市を経済強国に統合しようとする北京の野心的な計画です。 憲法本土事務局によると、この地域の総GDPは2022年に13兆元(米ドル1兆2千億ドル)に達しました。

深センはGreater Bay Areaの街の一つです。 岡田健一総領事は、香港が湾地域で事業を行う日本企業にとって優れた基盤になると述べた。 写真:マーティンちゃん

岡田は、香港がベイ地域で事業を行う日本企業のための「優れた基盤」になると述べ、物流や医療などの産業分野の多くの企業がすでにこの地域の都市で運営されていると述べました。 東莞の香港国際空港物流団地イニシアチブに参加しました。

彼はまた、香港と日本が高齢化社会と同様の経験を共有しており、気候変動に対抗することが新しいビジネス機会を提供すると強調した。

「私たちは香港に多くを提供することができます」とOkadaは言いました。 「私はこれが私たちの前に良い機会だと思います。」

香港和食堂、休暇車飛行機で旅行するお客様を失う

日本企業は近年、市外へ移転するという圧力を受けている。

領事館が2年ごとに共同で行った調査によると、日本企業の46.8%が今年上半期に本社から香港事業規模を縮小するという「検討命令または勧告」を受けたが、これは昨年50%から減少した数値です。 2022年下半期には42.9%に増加したが、2021年下半期には42.9%増加した。

同じ2023年のアンケート調査でも、回答者の45.2%が北京が課した国家保安法について懸念していることがわかり、約3分の2は人材確保に圧力をかけたと答えた。

香港商務部長は、5ヶ月ぶり​​に186社が香港に店舗を開いたと明らかにしました。

香港外交部資料によると、香港に居住する日本人数は2019年以降約5%減少した2万2930人だ。

この減少は、香港の人材離脱がより広くなったことと一致している。 この都市は、2019年初頭から2022年末までに21万人の労働者を失いました。

しかし岡田は日本人人材の離脱が「底を打っている」と感じたと話した。 今年の人口は1%減少にとどまり、セキュリティ法とセキュリティ法に対する懸念にもかかわらず、より多くの日本企業が香港市場に進出していると指摘した。 人材脱出。

最新資料によると、香港に地域本社や事務所を置いている日本企業の数は今年1,403社と反騰し、2019年に報告された1,413件以降、2番目に多くの記録を立てた。

セントラルの歩行者。 香港は2019年初めから2022年末までに21万人の労働者を失いました。 写真: Jonathan Wong

岡田氏は「実際に圧迫感はすでに徐々に緩和されていると考えているため、将来についてさらに楽観できると思う」と話した。 「私たちはまだ香港に立地しています。」

しかし、ビジネスの信頼性は回復するかもしれませんが、観光分野ではそうではありません。 今年の最初の10ヶ月間、香港を訪れた日本人観光客は250,213人に過ぎませんでした。 これは、2018年の同じ期間に香港を訪れた100万人以上の観光客に比べてはるかに多くの数値です。

岡田首相は香港の高い物価が観光客を萎縮させることができることを認めたが、2019年の社会不安とこれに伴う国家保安法施行以後、日本で形成された悪い認識を香港が震えることができなかったと述べた。

「残念ながら、日本の香港のイメージは [is] 本当に否定的です。」と岡田は言いました。 「ビジネスエリートを含む日本の多くの人々は、香港はすでに香港の一部であると信じています。 [mainland] 中国、 [that] 香港とあまり違いはありません。 [mainland] 中国。

「たとえば、私が先日日本に行ったとき、友達は「香港でインターネットを利用できますか?」と尋ねました。 …本当に予想外の質問ですが深刻ですね。

香港の財界首長、経済反騰、都市金融ハブの地位を確信

岡田は、香港政府は「優れた司法制度」を含め、香港の「ユニークな」特性を促進するためにより多くの資源を投資する必要があると述べました。

彼はまた、香港の「自由で開放的な」ガバナンスシステムを維持するだけでなく、日本の学生、学者、シンクタンクを都市に招待するなど、より多くの人的交流を促進することを政府に促しました。

岡田は「現在の課題を克服し、協力の次の段階に進むためには、もっと多くのことをしなければなりません」と話しました。 「日本と香港の良い関係がより深くなることを願っています」

READ  東芝、3つに分割:レポート
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours