独占 – 日本企業の半分がパフォーマンスを向上させるためにリストラを検討

Estimated read time 1 min read

東京(ロイター) – 日本企業の約半分が企業の支配構造改善を推進する中で買収など企業価値向上のために事業を見直したり、構造調整を検討していることでロイター調査に現れた。

今回の調査結果は、世界3位の経済大国の企業がビジネスをチェックし、企業価値を高めるために取っている具体的な措置を示す最新のシグナルです。

東京市場は、企業が交差持分の解消、自己株式の購入、その他の措置を通じて株主の利回りを高めると期待して30年ぶりに最高値を記録しました。

上場企業のほぼ半分が帳簿価額以下で取引される状況で、東京証券取引所は企業に資本使用を検討するよう圧力をかけており、月曜日後発企業に圧力を加える計画がある企業のリストを発表しました。

TSEには、実行計画を作成したか検討している会社がリストされていますが、Reutersアンケートはアクションが検討されていることを示しています。

調査に参加した104社のうち3分の1に満たない企業が、買収合併(M&A)を通じて核心事業を他の企業と結合する方案を検討していると明らかにし、約4分の1は非核事業の売却を検討しています。

卸売セクターのある回答者は、会社が再構築を推進するために下流企業との結合を検討していると述べた。 別の関係者は「積極的なM&Aを通じて企業規模を拡大する」と話した。

今回の調査は日経リサーチが12月22日から1月12日までロイター通信のために実施し、企業はより自由に発言できるよう匿名を条件に答えました。

JefferiesのアナリストであるAtul Goyalは、以前の顧客メモで「日本は変革の10年を迎えています。 「入る準備ができていると言いました。

昨年の世論調査によると、企業は上場関連の負担がより大きくなったと答えた。 日本では、企業が株主の圧力を避けるために経営権の買い入れが増えた。

日本は1月からNISA(日本個人貯蓄口座)プログラムを通じて非課税投資許容額を拡大するなど、投資による家計所得を増やすことを目指しています。

最近の調査では、企業の15%は拡大を考慮して配当金の引き上げを検討しているか、すでに引き上げていると答えており、自己株式の購入や株式の分割を検討していると答えた企業は少なくなっています。

(Sam Nusseyの報告、Anton Bridgeの追加報告、Christopher Cushingの編集)

READ  [신경 쓰이는 한마디]「激しいダンスもしたんじゃないの?」楽しくのフェルースタトペᆫ体力的に大変なサーキットも歓迎 - オートスポーツweb
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours