独占-KKR、日本チップツールメーカーKoksai Electricの持分を縮小する予定だと消息筋が明らかに The Mighty 790 KFGO

1 min read

サムヌシジ

東京(ロイター) – プライベートエクイティ会社KKRが日本チップ機器メーカーの株式を買い入れるために膨大な株価上昇を遂げた後、現金を握るためにKKRがコクサイ電気の持分を減らす計画だとこの問題に精通した二人が明らかにしました。

KKRはコクサイ株式の約43%を保有しており、持分の半分程度を投資家に売却する計画だと関係者が伝えました。

同関係者は、国西が市場で株式を買い戻すと述べた。

コクサイの株式の20%は、月曜日の終値ベースで約16億ドル相当です。

KKRとコクサイは言及を拒否した。

2018年日立国際電気会社で噴射された蒸着装置メーカーの株価は、10月の新規株式公募以来約3倍が上昇しました。

もともと日立の一部だった国斎は、大企業が非核心資産を処分し、会社が非上場化するにつれ、日本プライベートエクイティの試験事例となりました。

チップが人工知能の成長を含む技術革新の基盤になると考えられ、コクサイはチップ機器メーカーの株式需要に支えられ、株価が上昇しました。

3月末基準で売上が1,810億円(11億2,000万ドル)の国間は、中期的に売上が3,300億円以上で、調整された営業利益率が30%以上という目標を持っています。

KKRは2019年にKoksaiを米国のチップライバルであるApplied Materialsに売却しようとしました。 この取引は中国で規制承認を受けていない後に終了しました。

AppliedはKoksaiの株式15%を保有しています。

コクサイはまた東京エレクトロンと競争し、東京エレクトロンの株価は今年に入ってほぼ50%上昇しました。 メモリ部門にさらされており、アナリストはロジックでさらなる拡張の余地を見ています。

($1 = 160.9400円)

(Sam Nussey プレス、Christopher Cushing 編集)

READ  独占:アメリカ、韓国、日本、キャンプデビッドで新たな防衛措置を開始
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours