猿から加算、減算脳細胞を発見:日本研究チーム

Estimated read time 1 min read





2022年12月23日、大分市の高崎山猿公園に日本猿が集まって体温を維持している。 (毎日/石井奈緒)

東京 – 日本のある科学者チームは最近、サルの脳から加算と減算に強く反応する神経細胞を発見したと発表しました。

右手と加算、左手と減算の間には相関関係があり、これらの右と左の違いが人間の脳にも存在できることを示唆しています。

猿とチンパンジーは、人間が加算と減算を行うのと同様の行動を示すことが知られています。 公式や単語を使わずに計算を行うことができる脳細胞があると信じてきましたが、詳細はよく理解されていません。





(毎日)

東北大学神経生理学ハジメムシアケ教授が率いるチームは、ニホンザルを対象に実験を進めました。 動物は、事前に記憶された白丸の数に合わせて両手のハンドルを使用してモニターに表示される白丸の数を増減する任務を受けた。 研究チームは「右手で減算、左手で加算」の組み合わせを「右手で加算、左手で減算」の組み合わせを比較した。

その結果、サルが加算と減算をしたときに強く反応する神経細胞を多く発見し、加算細胞は右手の動きと強い関連があるのに対し、減算細胞は左手の動きと関連していることが観察された。 精度は両方の組み合わせで同じであった。 科学者たちは、もともと手の動きに使用されていた細胞が計算に利用されていると信じています。

人間は右スイッチを押すと電気がオンになり、ノブを回すと音が大きくなるなど右と加算、左と減算をつなぐ感覚を持っているそうです。 最近の研究によると、これらの感覚は文化や教育の影響を受けるのではなく、霊長類の脳に固有のものである可能性があります。 Mushiakeは、この理解は「数字や記号だけでなく、手や指などの身体を活用して脳機能に基づく数学教育に潜在的に適用できる」と提案しています。

研究チームの論文は英国科学ジャーナルに掲載された。 科学レポート 3月28日。

(ライフスタイル科学環境ニュース部 寺町立花の日本語オリジナル)

READ  ジンバブエの干ばつで野生動物が打撃を受け、より多くの衝突が発生
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours