世界

猿攻撃:日本の山口市は不良猿があると思っていました。 今彼らは1つ以上を恐れています

山口県保存部の管理者である森重吉高(Yoshitaka Morishige)によると、7月8日以降、山口市とその周辺で日本猿(日本猿ともいう)により、少なくとも45人が負傷したと言われています。

最初に管理者は攻撃 一匹の不良猿 – しかし、当局は今、1匹または複数の動物が責任を持っていることを確認することができないと言います。

確認された攻撃の数が1週間も経っていないため、2倍以上増加しました。 被害者は幼児から高齢者まで多様であるとモリシゲは語った。

山口市役所関係者の斎藤正人は、攻撃を受けた人たちは、手や足に傷があり、首や船に刺されたが、深刻な怪我は報告されていないと述べた。

「最近、猿が人の足にしがみついて取り除こうとすると、噛むか後ろから飛び出した事例を聞きました」と彼は言いました。

犠牲者はさまざまなサイズの猿を見たと報告しました。 「しかし、サルが小さいか大きいかは、認識によって人によって異なります」とサイトは言いました。 「もちろん猿のラインナップがあれば解決できますが、この場合猿が一匹、二匹、複数匹があるかどうかは確かに言えません。」

今月初め、多くの攻撃は、少なくとも1匹の猿が開いた窓とドアを通って家や学校に入ったときに発生しました。 しかし、今、住民に入口点を閉鎖するよう指示が出され、より多くの人々が外部から攻撃を受けているとサイトは言った。

攻撃によって警察はトラップを設置し、ネットで武装したパトロールを強化しました。 しかし、猿を捕まえるのに失敗すると、警察は日曜日の鎮静銃で武装しました。

猿はこの国が原産地であり、ほとんどの島で発見されています。

野生動物管理専門家の清野美恵子は「日本猿は江戸時代から人間と共存してきた。神戸大学副教授。

彼女は猿が群れをして生活するが、若い男性はしばしば一定期間にわたって一人で生活するために去る。 つまり、攻撃に責任がある猿はオスの個人である可能性が最も高いことを意味します。

山口の関係者は、そのような攻撃が稀であると述べた。 斉藤は「これは非常に異例のこと」とし「このような都市地域に入ってこんなに多くの人々を攻撃したことはなかった」と話した。

しかし、清野氏は、この種の人間と猿の衝突が長年にわたってますます一般化していると述べた。

清野は「日本ではますます多くの猿が家や農場に入って農作物に被害を与えています。」 地方政府は猿を追い出すための措置を取っています。 たとえば、爆竹を使って猿を生息地に戻すことができます。

ただし、これらの措置が必ずしも効果があるわけではありません。 その結果、猿は人間への敵意を高めることができ、山の生息地にも戻らない可能性があります。 彼女は、「人間に反応する方法を学んだ猿は、他の群れに参加し、人間を恐れていないより多くの猿につながるだろう」と語った。

READ  アフガニスタンの解明に、米国の信頼に別の打撃

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close