現代生活の手がかりのために災害を超えて

Estimated read time 1 min read

SEOUL – 画家が絵や彫刻を売り切れた価格で売ることができる時代に、チョン・ジュノとムン・ギョンウォンはやや正反対のアプローチを実装します。

ムン氏はソウル西村地域に日本建築家糸戸豊が設計したスタジオでインタビューで「私たちは単に芸術作品を作りたくない。 「私たちは私たちの立場を再考するために他の声に耳を傾けようとします。」

過去10年間Ms。 MoonとMr. Jeon(または広く知られているMoon and Jeon)は、建築家、ファッションデザイナー、俳優、科学者などと頻繁に協力するさまざまな芸術的パートナーシップを構築しました。

夢幻的で丁寧に制作された短いビデオは彼らのトレードマークであり、時には個々のオブジェクトを作成することもありますが、彼らの努力はディスカッションシリーズ、本、デザインの形をとります。 52歳の人々は国際美術界のスターになり、2015年にヴェネツィア・ビエンナーレで韓国を代表しました。

彼らの最新ショーは 金沢21世紀現代美術館、日本、5月、ビデオの設置と近くのビーチ村ガーナイとで進行中の都市再生プロジェクトが含まれています。 このプロジェクトには、建築家Yuji Nakaeと一緒​​に風、砂、海洋ごみからその地域を保護する古い壁の再設計が含まれています。 新しいビデオは、終わりの後の仮想現実の世界で救命ボートで生存者を探している男に従います。

この未来的な災害後の設定は、斜めの角度で現代の問題を解決する手段であるペアの反復的な関心になりました。 「ムンさんと私は聴衆にメッセージを伝えるのが好きではありません」とジョン氏は言いました。 「私たちは鍵を与えたい」

「 – または私たちのアイデアの手がかり。

William Morrisの1890年の小説「News From Nowhere」は、彼らの仕事にインスピレーションとタイトルとして使用されました。 モリスの宇宙で一人の男は、社会主義のユートピアで1世紀以上後に眠り、目を覚ます。 ムーンさんと元さんの設定ははるかに暗い傾向があります。 文明が崩壊しました。 人間は前進しようとします。

彼らの最近のショーの中心に 国立現代美術館(MMCA) 国連軍司令部が守っている非武装地帯の太城自由村に対する彼らの研究から誕生した2画面映像です。 約200人の居住者が特別税減免の恩恵を受けますが、通行禁止および綿密な監視対象です。 (二人はそこで撮影許可を受けられませんでした。)

ある画面では、地元の男性が森をさまよって植物のリストを作成し、風船を通してサンプルを空に送ります。 不思議なことに、その内容は孤独な男が住んでいる密閉された高度な技術部屋の2番目の画面に表示されます。 彼はビデオ監視を受けており、コンピュータが設置された家から配達するポケットで食べ物を食べます。 彼は標本を調査し、秘密裏に種を植え、マスクを着て外に出ることにしました。

ファンデミック以前に計画されたこの作品は、新しい反響を呼び起こしました。 展示を企画した国立現代美術館パク・ジュウォンキュレーターは「自由の村、それ自体が今私たちにプレゼントする」と話した。 「私たちは毎日マスクを使っているので、物理的だけでなく精神的にも完全に孤立しています。」

芸術家が巧妙に変形した数十年のテソンの写真は、人々の身元を隠し、ビデオの隣にかかっていた。 彼女は70年間の願いが韓国戦争の結果だが、「このような話は世界どこにある」と話した。 カブール、香港、台湾などの国境が険しい、または動きが制限されたすべての場所を推測する。

フリーダムビレッジビデオは、2人の最初の映画「El Fin del Mundo(2012)」と一緒に金沢にいる予定です。 この映画も時間を横切る二重構造を使用します。 一画面で荒廃したスタジオの一人が崩れそうな彫刻作品をやっています。 一方、悪化して商業化された未来の女性が部屋を訪問し、彼の資料(現在は人工物)を研究して魅了されます。

イタリアのトリノのカステッロ・ディ・リボリ美術館の館長であるキャロリン・クリストフ・バカルギエフ(Carolyn Christov-Bakargiev)は「未来に対する韓国の哲学・社会的省察」と話した。 ドイツのカッセルで開かれた重要なDocumenta展示会の2012年版。

誰かがこの作品を実験的な芸術の制作への継続的な信仰に対する寓話として受け入れることができます。 元氏は「現代美術の意味は何か?」と聞くことが目的だと述べた。 彼らはそれが異なる創造力を統合するフォーラムになることを示しています。

Ms。 MoonとMr. Jeonの2013年シカゴショーで、オランダの建築会社MVRDVは、居住可能で生分解性のある「バブル」のレンダリングを提供し、アーティストの不均一なシナリオに答えました。 2015年のチューリッヒショーで、2人はスイスのデザイングループUrban-Think Tankと協力して、さまざまな分野の人々が議論することができる取り外し可能な座席「Mobile Agora」を設計しました。

中田小一(Koichi Nakata)金沢美術館シニアキュレーターはファンデミックのために「芸術の社会的役割を再考しようとする芸術家としての哲学が必要だ」と話した。

これらの重要な問題に対する彼らの焦点は、2007年に彼らの仕事を示すためにビエンナーレで飛行機で最初の会議にさかのぼります。 熱い討論の末、結局パートナーシップにつながったのですが、二人はソロ作業を続けています。 ムン氏は「美術市場で芸術家として生き残る方法について多くの話を交わした。

今日、アーティストとして生き残ること(野心的な映画を作ること)は、博物館、財団、企業などのソースから資金を調達することを意味します。 「私たちが企業にどれだけのプレゼンテーションをしているか想像できません」とチョン氏は言いました。

韓国映画界ベテランのオ・ジョンワンがプロデューサーとして参加しており、ソウルと東京の主要ギャラリーで映像をはじめとする作品を限定版で販売している。 それでも必ずしも簡単なプロセスではありません。

「私たちは夢見る人です」とチョン氏は強調した。 「私たちは夢見る人です」 しばらく躊躇し、ムンさんは満足のいく笑いを作った。

READ  オンラインカジノの安全性
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours