スポーツ

現地言語の使用禁止:子供たちの自信を高めるために英語のブートキャンプを開催する日本の都市





2022年6月10日、福岡県宗像のグローバルアリーナスポーツセンターで小学生が英語で国際教師と会話しています。 (毎日/早田敏信)

宗像・福岡 – 日本南西宗像市は、4年生の学生が外国語で自分を理解できるという自信を育むため、終日外国人教師と英語でしか語らない「英語キャンプ」を開催している。 。

福岡県は、2019年度から5年生から外国語の授業が始まる前に英語に慣れるように6校でプログラムを開始しました。 翌年にはこの事業を市内15の市立小学校に拡大した。

今年6月から7月初めまで、参加学校が交互に都市のグローバルアリーナ多目的スポーツセンターでキャンプを開催します。 合計950人の4年生が、午前9時30分から午後2時30分まで、アメリカ、ネパール、バングラデシュなど様々な国から来た留学生と英語で遊びます。

最近スポーツセンターで開かれたプログラムでは、日野佐藤西小学校の学生60人余りが英語でゲームと交流を楽しんだ。 生徒が「日本語禁止」と言う規則を破ったとき、「英語警察」で装った教師から警告を受けました。 また、教師と子供の一対一の会話の授業がありました。

日の里西4年生の岡田玲奈(9)は、「英語ができれば多くの人とコミュニケーションできる。

市の児童発達と関係者は毎日新聞に「英語は面白いかもしれないし、言語に対する嫌悪感が生じないことを子供たちが知ってほしい。小学校4年生だけでなく放課後児童にも機会を作りたい」と話した。 英語に触れることができるケアセンター」

(九州ニュース部 はやた 都信の日本語オリジナル)

READ  レブロン・ジェームズドワイト・ハワードが大変レイカーズが突っ張るナゲッツを振り切って決勝進出に将軍 - バスケットカウント| Basket Count

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close