技術

現実の世界を模倣したフライトゲーム「Microsoft Flight Simulator」から「巨大な亀裂」が目撃される。 鳥肌も深淵の正体| AUTOMATON

Microsoft Flight Simulator」で、巨大な亀裂が確認されているようだ。 現実を再現した仮想世界を飛行飛行シミュレーションゲーム「Microsoft Flight Simulator」が作品をプレーで南米で奇妙な場所を発見したと報告が相次いでいる。ロックペーパー散弾銃などが伝えられている。

その謎の場所は南米、ブラジルの郊外で発見されている。 どんなところかというと、床が見えないほどの穴である。 平和な辺境で突然穴があいており、ハマるような地形が形成されている。 質感も平地のもので、家や木などの表面に見えますが、実際には “亀裂”になっているのだ。 床に向かってしばらく決定空を続け、最終的に地面が見える。 この地底深く800メートルに達するとこの世に存在するとは思えない恐ろしい割れ目である。

それもそのはず、そのような亀裂など、現実には存在しないのは、濃厚。 地域であるLagoa Novaでは、これらの亀裂は確認されなかった。 おそらくだが、無効なデータの入力によって生まれたものである。 「Microsoft Flight Simulator」のマップデータは、Bingのデータを採用している。Bing自体Here社マップデータを中心に構成し、高度な建物のデータなどは、ユーザの編集による指導プロジェクトOpenStreetMapを持ってきて形成されている。

OpenStreetMapはあくまでもユーザーの編集プロジェクト。 入力ミスによってとんでもない建物が生じる。 これまでオーストラリア、イタリア、ノルウェーなどで郊外に合わない巨塔が確認されてきた(関連記事)。 すべての入力ミスによる産物ではないかと推測されている。 例えば、オーストラリアの場合は、2階の212階を入力することにより、高層ビルが立ってしまったが、このような高度のデータがマイナスになれば、地底の生まれてもおかしくはない。 実際には、YouTuberのLarry Kyralaさんも似たような指摘をしている。 どのようなデータ量が、これらの亀裂を作り出しているのだ。

また、PCゲーマーによると、これらの亀裂は、元の小さな空港とする。 したがって、出発地を選択して、ここから離陸することができた。 しかし、あまりにも底が深すぎるため、地表面まで上がることは困難であると記している。 ブラジルのリオグランデ・ド・ノルテ州にあるCurrais Novosから北西に飛行深淵は見つけたようだ。

「Microsoft Flight Simulator」は9月29日に日本のコンテンツを強化する「Japan DLC」が無料でリリースされた。 富士山に優れ平坦た瀬戸大橋は動的です東京レインボーブリッジなどカラフルな世界を彩る。 やや退屈でした日本に個性がもたらされるコンテンツがありますので、ぜひチェックしておこう。 この作品は、SteamとWindows 10用に提供している。


READ  AMD、HPC向けGPU「Instinct MI100」FP32 / 64でNVIDIA A100を超える〜Zen3 3世代EPYCは2021年第1四半期に正式発表

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close