経済

生存のために、日本のデパート、デジタルプッシュ加速

日本のデパート運営会社は、すでに縮小された市場に苦しんでいる部門にコロナウイルス大流行が追加ダメージを負わせれば立って営業運営及びその他のサービスをデジタル化しようとする努力を加速しています。

頂点に比べて、デパートの売り上げが半分に減った。 近年、多くのデパートがドアを閉めた若者たちがアウトレットへの関心が減り、オンラインショッピングが人気を得ています。

伝染病が続く中、外国人観光客の早期回復の可能性がないだけに、デパート事業者は、従業員の顧客とのコミュニケーション能力を活用してオンラインショッピングサービスを強化した。

昨年の夏、Seven&I Holdings Co.の子会社であるSogo&Seibu Co.はZoomビデオ会議システムを介して主要な顧客に会う開始し3,200万円以上の売上を上げました。 会社によると、宝石の販売は堅調だった。

そごう・西武の広報関係者は、顧客が「デパートを信頼」したため、実際に見なくても、高価なものを購入すると述べた。

伊勢丹三越ホールディングス(Isetan Mitsukoshi Holdings Ltd.)のフラッグシップ伊勢丹アウトレットは、3月には、顧客がアバターを使用して店を見回して、オンラインで商品を購入することができるスマートフォンアプリを介して仮想現実サービスを開始しました。

デパートの地下食品コーナーで販売されているクッキーなど焼き菓子は、水曜日からオンライン販売が可能になった。 同社は、段階的に製品ラインナップを拡大することを目指します。

デジタルプッシュも田舎に広がりました。

広島県福山のTenmaya Co.の店は2月にオンライン顧客サービスを開始しました。 与えク地域を中心に営業をしているデパートオペレータは岡山市内のメインアウトレットと他のアウトレットでのオンラインサービスを導入する予定です。

同社によると、現地で行われた陶器や女性高級衣類がよく売れる告げる。

テンマヤ広報関係者は「コロナウイルスの危機が終わった後も、これらの需要が継続することを期待します。

日本の百貨店協会によると、2020年百貨店の売上高は約4兆2,220億円で、1991年ピークの半分が減った。

J. Front Retailing Co.の部門であるDaimaru Matsuzakaya Department Stores Co.の澤田太郎社長は「百貨店はコロナウイルス感染症、以前にも、消費者の変化に対応していませんでした。

Sawadaは、デジタル販売経路を促進して変化する時代に合わせるという会社の意志を表明しました。

誤った情報と情報があまりにも多くの時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  今夜21時予約開始! iPhone12を確実に早期に予約する5点 - iPhone Mania

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close