スポーツ

田中、日本のファンにヤンキースと「成長」を見せる予定| スポーツ

By KOJI UEDA Associated Press

TOKYO(AP) – Masahiro Tanakaが日本に帰ってきた元日本チーム楽天ゴールデンイーグルスのために投球を開始するのを待つことができないました。

元ニューヨーク・ヤンキース投手は今週初め、日本の球団と2年契約を結んで、今季900万ドルを記録した。

田中は土曜日18番のユニフォームをモデルにした東京ホテルで記者たちと話をしながら、「とても興奮している。 再び野球ファン。

「7年間、日本を離れてどのように良いているか、彼らに見せたいと思います。」

大変になります。 彼は昨シーズン、日本での驚くべき24から0選手でした。

32歳の田中は、ヤンキースで7シーズンを過ごした後FAになり、彼はニューヨークに滞在したいと述べた。

「率直に言って、私はFAになったとき、私はヤンキースと再契約をしたかった。

しかし、彼は彼の代理人が起こらないことを明らかにした。

「その時から、日本に帰ることを含む多くのオプションを考えています。これまで以上に多く思いました。」

Tanakaは2007-13からRakutenに投球しました。 その最後のシーズンに彼はイーグルスが日本シリーズのタイトルを獲得しながら、24からの1.27自責点を記録した。

READ  コロナ19緊急事態にオリンピックの準備が未日本の札幌

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close