エンターテインメント

男女平等が「旧式」という広告は、日本で怒りを起こす

男女の平等についての議論が時代遅れの女性が登場するオンライン広告が日本で性差別主義者と呼ばれる怒りを呼び起こした。 元オリンピック組織枚性差別的発言への抗議として、彼は辞任してから一ヶ月である。

月曜日の夜TVニュース番組を促進するために公開された広告で女性がカメラに向かっておしゃべりに自分の一日について話して「どのような政治家がスローガンのように「男女平等」キャンペーンを繰り広げる姿を見ると、感じがする。とても昔ながらとは思わないか?」

「女性を持つ卑怯は「男女の平等は、時代に遅れた」と言います。恥ずかしい必要があります。」とツイッターのユーザーが言いました。

野党議員の福島みずほはTwitterを使って「私たちは、女性としての日本での生活の困難を変化させよう時代に男女平等が古かっは広告を誰ができるかどうかを理解することができない」と述べた。

広告を公開した放送局TV朝日(TV Asahi)は男女の平等を達成するため、単純に話をするのではなく、具体的な措置をとる時だと伝えようとした。

放送は、水曜日公開された声明で「この広告に不快感を感じる人がいることを真剣に考えて謝罪を伝える」と述べた。

日本は、世界経済フォーラムの2020年グローバル性別格差指数で153カ国のうち121位に上がった女性の経済参加と政治的権限で低い点数を受けた。

2月初めに、私東京2020組織委員会委員長である喜朗森(Yoshiro Mori)は女性が会議で長すぎる会話をすると提案したことに怒りを起こし夏季オリンピックが始まる数ヶ月前に彼橋本聖子に置き換えるように促しました。

(サクラ村上記者、編集、マイケルペリー)

READ  アキと親交が深い記者が緊急寄稿「マコ様 発表で「国民の祝福」と「金銭問題」はどうなるのか? "|文春オンライン

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close