男子バスケットボール、日本で人材を獲得

Estimated read time 1 min read

HONOLULU – ハワイ大学男子バスケットボール監督 エランガノート アキラジェイコブスの獲得を発表しました。 横浜出身のジェイコブスは、レインボーウォリアーバスケットボールプログラムに参加した最初の日本選手です。

6-8ウィング選手はカリフォルニアで育ちましたが、16歳で母国の日本に戻りました。 以来、彼は世界中を旅し、日本代表チームとNBAグローバルアカデミー。

「アキラは、国際舞台で最高レベルの才能を披露したエリートシューティング選手だ」 Ganotは言った。 「彼は落ち着きとプレイメイキング技術を使ってチームメイトのためにプレイし、彼のポジションキーと運動能力は彼が転換に効果的になるようにします。に貴重な資産になります。私たちは、アキラが「オハナ」に加わることができてとても嬉しいです。」

先月、ジェイコブスはハンガリーで開催されたFIBA 19歳以下のワールドカップで輝いていました。 彼は競技当たり17.0得点で全得点者のうち5位に上がり、5.6リバウンドを追加して日本を今大会最高の仕上げに導いた。 Jacobsは米国チームとの8強戦で20点を含む3試合で20点以上を得点し、底で48%、3点シュート成功率42%を記録しました。 1年前、ジェイコブスはFIBA 18歳以下アジア選手権大会で銀メダルを獲得した日本代表チームの一員として19歳以下ワールドカップに進出しました。

2021年11月、ジェイコブスは日本プロバスケットボールリーグであるBリーグ1リーグ最年少出場記録を立てた。 2ヶ月がもう少し後、彼はB.Leagueの試合で得点した最年少選手になりました。

ジェイコブスはまた、オーストラリアのキャンベラにあるオーストラリアのスポーツ研究所(AIS)のNBAグローバルアカデミーに参加することで大きな動きでした。 彼はフルタイムでNBAアカデミーに加わった最初の日本人有望株となりました。 その間、彼はオーストラリアの最高の競争相手と競争しながら、国際的にも彼のスキルを披露しました。 最近では、ラスベガスで開催されたNBA Gリーグウィンターショーケースとセネガルで開催されたNBAアカデミーアフリカのショーケースでした。

2020年に日本に戻る前に、Jacobsは南カリフォルニアのRedondo Union HighとDymally Highでバスケットボールをしました。 2年生の時、JacobsはCIF LA City Section今年の選手に選ばれました。

Jacobsは今年の採用クラスで警備員Tom Beattie(ニュージーランド)とMathue Cotton(イェール)、フォワードJustin McKoy(ノースカロライナ)に参加しました。

2023-24 署名者
トム・ビーティ 6-5 | 200 | ガードオークランド、ニュージーランド| ロスミニカレッジ
マシューコットン 6-5 | 200 | ガードブヒス、ニュージャージーイェール大学
アキラジェイコブス| 6-8 | 200 | 今後日本横浜| NBAグローバルアカデミー
ジャスティン・マッコイ 6-8 | 220 | 今後ノースカロライナ州キャリー| ノースカロライナ

 

#ハワイMBB

READ  この家族は世界にスノーグローブを提供しました
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours