スポーツ

男子体操選手権大会で中国が日本を制圧した。

リバプール、イギリス(AP) – 中国は水曜日に第12回世界男子体操選手権大会で優勝しました。 いつも派手なわけではありませんが、6つの頑丈な回転を組み合わせて消耗戦のように感じられた大会でライバル日本を破って勝利を収めました。

中国人は総点257.858点で、日本を4点以上引き離した。 開催国ブリテンは銅メダルを獲得するために馬のミスでいっぱいのセットを克服しました。

3チームとも中国人だけが転倒を避けることができるようだった大会で授賞台に上がり、2024年パリオリンピックに自動進出しました。

イタリアが4位を占め、アメリカが続いた。 アメリカは、最初の回転でマッサージで揺れる煙を広げ、完全に回復していない後に一見した。

アメリカ人男性の高性能監督であるBrett McClureは、「私たちは最初のイベント(フォーマルホース)でホールに落ち、基本的に後退しなければなりませんでした」と述べました。 「最後のイベント(フロア)まで、私たちは驚くべきことにまだミックスにいましたが、一緒にすることはできませんでした。 それで、ジムに戻って仕事をしています。」

中国は予選で中位4位だったが、しばしば番組の慣習のように決勝戦ではるかに洗練された姿を見せた。 中国は6つのコンテストのうち5つのコンテストでスリーアップ/スリーカウント形式で最高得点を記録しました。

中国のスターZhang Bohengは「予選では、時差や他の理由で最高ではなかった」と述べた。 「それから私たちは自分自身を調整し、決勝戦で最善を尽くしました」

現在のオリンピックチャンピオンであるロシアは、現在ウクライナ戦争のためにFIGと欧州体操連盟が主催する大会出場が禁止されています。

___

その他のAPスポーツ:https://apnews.com/hub/sportsとhttps://twitter.com/AP_Sports

著作権©AP通信。 すべての権利を保有。 この資料は出版、放送、書き換え、再配布できません。

READ  PadresのYu Darvish最速MLB投手、1500三振記録

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close