男性の育児休職を奨励する日本企業

1 min read

ますます多くの企業が従業員に育児休業を奨励しており、一部は女性が出産後も引き続き働くことを支援しています。

男性よりも大きい傾向がある女性の子育ての負担を減らすことは、最終的に企業全体の成長を促進します。

政府も出産休暇を低出産対策の核心対策として挙げた。

男性が家事・子育てに助けを与えずに名目上休職をすることを防ぎ、一手足りない中小企業まで拡大していこうというのが課題だ。

政府は昨年4月から企業が妊娠・出産事実を知った職員に育児休職の可否を尋ねるよう義務化した。

2022年10月、政府は男性の従業員が子供を産んだ後8週間以内に最大4週間の子育て休暇を使用することができる子育て休暇プログラムを提供しました。

今年4月から職員1000人以上の企業は、育児休職対象の男性職員のうち休暇を使用する割合を公開しなければならない。

このカテゴリーに属する約4,400社のうち755社が6月2日現在、企業数を発表したと厚生労働省が明らかにした。

会社自体も慣行を促進しています。

Mitsui Sumitomo Insurance Co.は、4月に同僚が育児休業を使用している従業員に最大100,000円の一時金を支払い始めました。

大企業では珍しい制度で、職場全体が育児休職を喜んで受け入れられるようにする制度です。

最大3時間のみサポート

2021年度の省庁調査によると、母親の85%が子育て休職を使用しましたが、父親の場合は14%しか使用していません。

この調査はまた、父親の約半分が2週間未満の休暇を使用し、25%は5日未満、27%は5日から2週間未満の休暇を使用することを示しました。

一方、20~24歳の男性の85%、25~39歳の男性の80%はパパになると育児休職を望むと2021年パーソルキャリアが調査した。

しかし、育児休職を使用する職員の割合が高くなっても、名目上育児休職を使用する男性が多くなり、家事や育児に十分に参加できない結果を生み出す可能性があるという懸念もある。

子育て支援アプリ運営会社コネヒトが昨年8月に実施したアンケート調査によると、育児休業中のパパの44.5%が、家事と子育てに1日3時間以下を割愛することが分かった。

これは2019年の47.4%とほとんど変動がなかった。

池田申告日本労働政策研究所先任研究院は「企業は育児休職を増やすのに集中するのではなく、職員の意思を十分に考慮しなければならない」と話した。

「従業員にそのような休暇を使用する前にその意味について考える機会を与えることも重要です」。

中小企業コア

政府は、子育て休職を使用する労働者の全体の割合を2025年度まで50%、2030年度まで85%に増やそうとします。

このためには、休職対象者の割合を公開する必要がない中小企業に拡大することが必須である。

牧会調査によると、パパが休む日の家事と子育てに2時間未満を割愛する家庭のうち、2番目以上の子供を持った家庭は33%に過ぎなかった。

一方、パパが休む日、家事と子育てに6時間以上を割愛すれば、二番目以上の子供を産む世帯は87%だ。

育児休職を使うと、助けなく子供を育てるお母さんの問題を解決し、女性の職場復帰を促すことができる。

日本商工会議所が中小企業を対象とした2021年のアンケート調査では、育児休職の主な問題点を強調しました。

全回答者の56.7%は、他の職員が育児休職者の業務に代わることができないほど余裕があると答えた。

それでも一部の中小企業では育児休職を積極的に推奨している。

高知に本社を置いて建設機械を製造販売するGiken Ltd.では、従業員の約80%が男性であり、その従業員はすべて2021年度から育児休業を使用しています。 休業期間は平均約100日です。

2018年度までに育児休職を使用した従業員はいませんでしたが、会社は各従業員に休暇期間中の予想税後給与を知らせるなどの措置を通じて育児休職を推奨しました。

会社の関係者は、「私たちは特定の従業員に仕事を割り当てることなく、常に生産的であることを意識しています。

「また、作業量が特定の従業員に集中しないように注意してください。」

政府は2025年度まで子育て休職を使用する労働者の給与を現在の正規給与の67%から80%に引き上げる計画です。

READ  日本のCEOは、緊急事態を受け付けますが、大きな損失に備える
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours