世界

画像ブックマークサービス「Pinterest」が約23億円で前最高執行責任者と和解、性差別をめぐる訴訟で – GIGAZINE

メモ



インターネット上のビデオや写真をブックマークして共有することができるソーシャルメディア “ピンターレスト「この前の最高執行責任者(COO)のFrançoiseBrougher種から提起された性差別をめぐる訴訟について2250万ドル(約23億4000万ウォン)を支払うことで合意した。

米国証券取引所委員会
https://www.sec.gov/ix?doc=/Archives/edgar/data/1506293/000150629320000291/pins-20201214.htm


Pinterestは、元COOが提起した性差別訴訟解決-The Verge
https://www.theverge.com/2020/12/14/22175043/pinterest-gender-discrimination-lawsuit-settlement-coo-francoise-brougher

Pinterest、性差別訴訟を22.5百万ドルで合意-The New York Times
https://www.nytimes.com/2020/12/14/technology/pinterest-gender-discrimination-lawsuit.html

2020年8月Brougher氏は「性差別扱いを受けた」とサンフランシスコ州上級裁判所にPinterestを訴えました。 訴状によると、Brougher氏の給与は、同じ立場の男性スタッフより給与が少なく、重要な会議で再び除外された会社の最高財務責任者Todd Morgenfeldさんの性差別的なフィードバックを受けた上、この取り扱いについて苦情を申し立てるした解雇されたもの。

2020年12月15日、PinterestとBrougher氏は、「Pinterestは一切の責任を負いません」「PinterestはBrougher氏の弁護に2000万ドル(約20億8000万円)を支払うこと、IT業界で働く女性や少数民族などの少数者を支援する慈善団体に250万ドル(2億6000万ウォン)を寄付する」という条件に双方が合意して和解しました。これにより、Pinterestは、今回の訴訟で、合計2250万ドル(約23億4000万円)を支払う必要があります。


PinterestはBrougher氏から訴訟を受けたほか、公共政策担当チームに所属していた黒人女性2人から「重要なイニシアチブを主導したにもかかわらず、低賃金を維持した」という批判を受けており、また、2020年8月には、200人以上の従業員人種・性別の平等を求めて嘆願書を提出されるなど、人種・性的差別に関するいくつかの問題を抱えていたとみられています。

Brougher氏は、「Pinterestが非常に真剣に受け止めてくれたことを嬉しく思います」とコメント。Pinterestの広報担当者は、給与情報の透明化などの措置を挙げ、「すべての従業員がサポートを受けることができ、しかも仲間と感じられる企業になるために必要な措置を迅速に実施しました」と述べた。

この記事のタイトルとURLをコピー

・関連記事
画像ブックマークサービス「Pinterest」は、児童ポルノを日夜チェックして通うオペレータを採用している – GIGAZINE

写真共有サービス「Pinterest」ポルノや陰謀論などの有害なコンテンツを削除するのではなく、検索結果から除外している – GIGAZINE

画像をブックマークすることができSNS「Pinterest」は、Googleの画像の表示順位を意図的に上げていると明らかに – GIGAZINE

孫の写真をFacebookやPinterestに掲載したおばあちゃん、母の削除要請に応じない訴える – GIGAZINE

READ  [그림]新型コロナウイルス激しい」対策の争奪戦」| AnswersNews

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close