スポーツ

畑岡奈紗1打差の3位号発進松山と練習に役立つ – 米女子プロゴルフ:日刊スポーツ

1ラウンド8でバーディーを取って笑顔を畑岡奈紗(共同)

<미국 여자 골프 : 숍 라이트 클래식> ◇第1日◇1日(韓国時間2日)◇ニュージャージーギャローにシービュードルチェホテルベイC(6107ヤード、パー71)◇賞金総額130万ドル(約1億3700万円)

世界ランキング8位の畑岡奈紗(21 =アビームコンサルティング)は、1イーグル6バーディー、1ボギーの64で回り、7アンダーで首位と1打差の3位に良い出発した。

ショット好調で始まる10番からの機会に付けるもバーディーパットが惜しくも決まらない。 12回パー4で2打をピン右2メートルに満たない日初バーディー。 16番で3メートルを決定バーディーを奪い、18番パー5で2オンに成功した。 7メートルのイーグルパットを決め、30 4アンダーで前半を終了。 迎えた後半1回でバーディーを奪って5アンダーと3番、4番の連続バーディーで首位と1打差の2位に浮上した。 しかし、6番パー4で2打をグリーン右のラフに打ち込み個6アンダーで後退。 それにもかかわらず、8回パー4でバーディーを再び7アンダーで3位に上がった。 先頭と1打差でホールアウトした。 ホールアウト後、「今日はすごく落ち着いてプレーできた。ショットで多くのチャンスを得た」と満足げに語った。このプロセスは、米国ツアー参戦1年目、3年前からだが、「今年リンクスとか(グリーン)硬いところ風の対応とかがなぜかキャッチきた。 1年目の印象が変わった」との反応の口にした。ANAインスピレーション後の期間を利用して、男子ツアーに参戦平か2ラウンド松山英樹も一緒に練習したという。「ポートランド州にTVでUSオープンを見て、松山さんはグリーン周りのショートゲームが上手だと思ったので、自分はアクセス悩んでいたので、アクセスの射撃とかいろいろ教えてもらう素晴らしい参考になった」と話した。来週、米国プロ選手権に向けて、「来週は少し距離が伸び方、グリーン周りがたくさん大事にな​​るので、ショートゲームを少し練習したい」と語った。

READ  インド、日本、米国西海岸のePrixを対象とするFormula E

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close