留学リストに日本を追加

1 min read

私が留学中だと人々に話すたびに嘘をつくような気がしました。 私は一生に一度だけの珍しい経験です。

指導教授に会って留学に行っても、時々卒業できるという事実を悟ったので、私はどこかに出発することにしました。 何かが欲しかった 完全 私が知っていたものとは違った。 南アメリカは考慮の対象ではなかった。 私はその文化の一部です。 ヨーロッパは1学期を過ごすことができる場所ではなく、2週間の休暇の目的地のように感じました。 日本を考えると、すべてが正しい位置に収まりました。 そこのすべては私が知っていたものと正反対のようでした。

そしてそれは。 ここに来てから1ヶ月が過ぎたので、すべてが変わると無実に仮定したわけではないと安全に言えます。 日本がアメリカと地球の反対側にあるように、文化も劇的に異なります。 徹底したコミュニティ志向から、誰もが時間を守り、すべてのルールに従うことまで、多くの点でアメリカと正反対です。 それは完璧です。 社会学を専攻した私が初めて留学を始めた時に探していたのがまさにそれでした。

日本に行く前に最も恐れていたのは、友達を作ることでしたが、留学プログラムを通じてほとんどの人とすぐに親しくなり、ほぼ毎日一緒に似合っています。 徐々に日本人の友達を作っていますが、「何が好きですか?」と聞く回数は多くありません。 会話が崩れる前に日本語で。 言語が障壁になることは分かりましたが、私が出会ったすべての日本人がとてもフレンドリーで、受容的で、励ましであることが間違いなく役に立ちました。 噂は本当です。 ちょっといいアクセントで日本語で言葉を言うと、次のような合唱が出てきます。 うわー! (と!)そして ジュース! (とても良いです!)その代償として。

私の最初の週は、プログラムオリエンテーションのために主に地元の人々が暮らす静かな村である犬山で過ごしました。 そこで初めて文化ショックが始まりました。 時には歩道がなく、狭すぎる距離で肩を合わせて歩かなければならないので、他の車が通り過ぎるときに車が進入路に後進しなければなりません。 靴を脱ぐ どこでも、更衣室やレストランで畳のマットに座りたい場合。 (ほぼ)すべてがきれいで、時間通りに行われます。 私は実際に鉄道駅にあるトイレを使用していますが、サンフランシスコでは駅にトイレすらありません。 すべて(そしてすべての人)は 非常に小さい。

私の留学経験の1つ:プログラムオリエンテーションから南山大学(私が勉強している大学)オリエンテーションまで、オリエンテーションがたくさんありました。 犬山でプログラムオリエンテーションを終え、名古屋に戻り、素敵なホストママ、愉快なホストパパ、奇妙な6歳のホスト兄弟、愛らしい4歳のホスト家族に会いました。 ホスト姉。 私は最初を持っていました 本物 日本のとんかつラーメンを食べて、彼らと一緒に初の日本祭りに行きましたが、そこで私たちは日本の踊りを見て、 花雨 (炎).

私たちは南山大学で別のオリエンテーションを受けなければならず、私は日本語配置試験を受けなければなりませんでした。 漫画描画、日本社会、言語、文化に登録した後、毎日3時間30分ずつ日本語に没頭する準備ができました。 告白:そうです。 〜いいえ 簡単。

私は文化の違いを完全に楽しんで、これが現実であり、私は名古屋にあり、まさに新しい文化を体験するためにここに来たことを思い出させ続けました。 私はすでに城、美しい庭園、伝統的なワゴンと人形を見て、茶道にも参加しています。 しかし香水瓶には確かにその瞬間がありました。

絶え間ない視線、ここで肉体的に靴や服を買うことができないという事実、食べ物、そして祖国を代表して記念碑的な文化的ミスを犯すかと思って、その場から抜け出せないという絶え間ない感情-退屈。 ここに来てから1ヶ月間、私はすでに私の周りのすべてのアメリカ料理レストランのリストを作成し、少なくとも週に2回はそこで食事をしました。 私は毎瞬英語で話し、友達と冗談を言うことが好きです。 カントリーミュージックに憧れ始めました。 カントリーミュージックを渇望するには、香水瓶がどれほどひどくなければならないのかご存知ですか?

それにもかかわらず、私はそれを認めることで香水瓶を避けることができました。 実際、私は香水瓶に頼って必要なものを供給します。 3日間毎食ごとに新しいものを食べてみたら、おいしいバーガーが必要でしょうか? 私はそれを買う。 30分間家にいるような快適さを感じるには、アメリカのテーマの中古品店に行かなければなりませんか? そこに行きます。 私は香水病のための最良の治療法は、香水病を少量で受け入れ、自分にそのような選択肢があることを常に知らせることであると信じています。

海外留学はこれまで一ヶ月で百万回の一生を経ていました。 絶えず映画の中にいるような感じがして、すべてを子供の目で見ているようです。 すべてが明るく、私の周りのすべてに参加したいと思います。 新しい環境によっていつもそう不安感がありましたが、大学3年を過ぎながら学生であり人間として成長しました。 そして私は今後数ヶ月間日本の名古屋でさらに成長する準備ができています。

Isabella Madrugaは、カリフォルニア湾地域で社会学と執筆セミナーを勉強する4年生です。

READ  Xboxのフィル・スペンサーが「Xbox Series X | S "後もコンソール機器の開発継続を言う| GameBusiness.jp
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours