留学生の日本語授業へのアクセス性が不均一

1 min read

教育者は留学生の数が増加していますが、これらの学生が日本に住んでいる地域によっては、言語学習の機会に同じ機会がないという懸念を提起しています。

留学生が密集した場所はより良い資源と支援を受けますが、他の地域は不足しています。

私教育支援プログラムであるYSCグローバルスクールの田中壱(Iki Tanaka)代表は「(日本語教育が必要な学生に対する)支援と関連して地域間の格差が大きい」と話した。 「日本語を学ばなければならない学生の半分は、言語学習支援がほとんどない地域に住んでいると思います。」

YSCグローバルスクールは、東京西部フッサに拠点を置く非営利青少年支援センターが運営する外国人学生に日本語教育・学習支援を提供しています。

これらの学生のための支援の欠如は、部分的に地方当局が彼らのニーズの認識を欠いているため、田中は言った。

しかし最近、これらの学生を支援する機関と人材の不足がより深刻な問題になっていると指摘する。

田中は「日本語教師の高齢化などにより日本語教育が必要な学生を支援できる人が不足している」と話した。

「非都市部の学生に授業を提供するための旅行は障害物でした。 しかし、オンライン授業は広い地域に散らばっている学生を支援するのにある程度役立つと思います。

YSCは2016年以来、これらの学生に対面授業に加えて、オンライン日本語授業を提供しています。

日本全域の235人の学生は、レベルに応じてこの授業を受けます。

近年、学校は自治体が日本語の授業を開設するのを助けました。

学校は2020年に三重県で外国人学生が少ない地域に授業を提供するためのオンライン日本語イニシアチブを始めました。

また、11月から名古屋市教育庁と協力して名古屋市小学生にオンライン日本語授業を提供している。

横浜は「国際クラス」を提供

10月19日横浜市南吉田小学校階段に日本語、中国語、英語の文字が見える。 (上松吉香)

去る10月教育部が発表した研究によると、日本語授業が必要な学生の数が過去10年間に急増した。

小学校、中学校、高校を含む公立学校のこれらの学生数は、2021年度に全国的に58,307人で、10年前に比べて約1.7倍増加しました。

教育部の関係者によると、愛知県、静岡県、群馬県など、伝統的に外国人居住者が多い地域の地元公務員は支援が必要であることを知っているため、日本語学習の授業をあらかじめ用意しています。

636人の学生の半分以上が外国に根付いている横浜の南吉田小学校は、これらの授業が十分な支援があるときどれだけ良いかを知ることができます。

10月中旬に学校で開かれた「国際授業」で、ある教師が8人の3年生の生徒に「招待状の最後に「来てください」と言いましょう」と話しました。

先生は両親のための学校運動会の招待状を日本語で準備する学生たちに日本語作文授業をしていました。

国際クラスは、外国人や両親が海外出身の学生を含む外国に根ざした学生のために特別に設計されています。

横浜では日本語教育が必要な学生が5人以上の小中学校は国際教室を義務付けています。

これは、横浜に住んでいる外国からの学生が一般的に、日本全土の他の自治体よりもよく世話をすることを意味します。

現在、横浜にある小・中学校の3分の1以上の194校が国際学級を運営しています。

南吉田小学校では担任教師のように各国際学級を担当する教師が1人あり、小グループで授業を受ける学生のための特別授業を構成しています。

学生は、支援が必要な科目についてのみ国際授業に出席します。 彼らは担任クラスで他の学生と一緒に異なる科目を勉強します。

学校は日本語を学ぶ153人の学生を収容する7つの国際クラスを提供しています。

フィリピンから来た6年生の学生が学校に登録した後、国際授業を聞きました。

彼女は「難しいことを学ぶのに時間を費やすことができ、授業を理解しやすかった」と語った。 「小グループだから私の意見を表現するのも簡単でした。」

部分的には横浜の有名なチャイナタウンが近いため、学校には伝統的に多くの中国人学生がいました。

学校は外国に根ざした学生を支援するために多くの制度的知識と経験を蓄積しました。

金子雅人校長は「詳細な授業のほか、日本語教師による日本語授業や放課後学習支援など多様な支援をしている」と話した。 「ボランティアも私たちの学校で定期的に学生を母国語でサポートしているので、ここではさまざまな言語が聞こえます。」

現在、学校には22の海外国または地域に根ざした学生がいます。

一部の学生はイスラム共同体出身であり、教師は学生の言語だけでなく、宗教や食習慣にも配慮する必要があることを知っています。

「(外国に根ざした学生が)私たちの学校に入学するとき、私たちは何よりも学校の給食や祈りに関する子供のニーズを知るために両親に通訳を提供します」とKanekoは言いました。

学校は、学生が昼食前に未使用の教室で祈ることを許可します。

豚肉など特定の食べ物が食べられない学生は、学校給食の代わりに弁当を包んでいる。

Kaneko氏は次のように述べています。

READ  ファンデミクオリンピックは、暑さを耐えて、今台風がかった中| ニュース、スポーツ、採用情報
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours