経済

疑わしい統一教活動を議論するためのパネル会議

法曹界の専門家たちは、初回の会議で統一教活動に対する会議で陰謀な営業行為を制限するための多様な案を提示したが、これには政治的意志が必要だと指摘した。

河野太郎消費者部長官は8月29日オンライン会議で会員に機関が監督する法律の枠内でできることだけでなく、より大きな文脈で必要な事項について率直に議論するよう要請しました。 政府。

統一教会の事業活動に対する不満と批判は、1980年代に日本で初めて登場した。 安倍晋三元首相が統一教に恨みを抱いた容疑者の銃に当たって隠れ、問題が再び浮上した。

母が家族のお金を統一教に寄付し、容疑者の生活は難しくなった。

長い間統一教会の「精神的な販売」被害者を助けるために働いてきた弁護士キト・マサキは、消費者庁傘下のパネル委員8人のうちの1人だ。

教会は、先生の批判の波に基づいて、世界の平和と統一のための家族連合に正式な名前を変更しました。

教会が寄付を集める方法は、パネルの主な議論のテーマになります。

消費者契約法に従ってそのような寄付を取り締まるために、当局は、そのような寄付が通常、製品の販売に使用される契約に基づいて行われていることを確認する必要があります。

東京・人津橋大学消費者法名誉教授の松本津根氏は、統一教会が寄付に対する対価として、追従者の先祖が加えた呪いを取り除いてほしいという主張はサービス契約として指定できると述べた。

パネルに参加していない松本は、これらの寄付がサービスに対する報酬として提供されるという明確な法的解釈が、そのような場合に消費者契約法を適用することをより容易にするだろうと付け加えた。

パネルのもう一つのトピックは、信者が寄付を提供するように強制したい教会のひどい努力に対処する方法です。

パネルの弁護人である菅野志織は「人の無知と弱さを利用して被害を与える可能性のある行為を禁止する規則が必要だ」と話した。

彼女はまた、そのような規則を繰り返し無視する宗教団体に対して、解散命令などのより強力な措置が必要であると述べた。

寄付金に対する実効性について見直されるもう一つの法律は特定商取引法である。

この法律は、2000年代の都道府県警察が製品を不当に請託するなど、特定の行為を制限して統一教所属企業を取り締まるために使用した。

この法律は刑事告発をしたり、消費者庁に行政命令を下させるような根拠として活用されてきた。

教会に与えられたお金を取り戻そうとする以前の信者を代表する弁護士は、寄付に対するひどい勧誘を制限する方法を使用することがそのような行為を防ぐのに役立つと述べました。

法律には、訪問、郵便注文、またはテレマーケティングの販売に関する具体的な規定がありますが、寄付の勧誘に関する明確な規定はありません。

あるパネルメンバーは、厳しい政治的問題になる可能性がある問題を提起した。

日本弁護士連盟副会長の直子吉野は、なぜ統一教会のこのような怪しい慣行が長く続いたのかについての評価を促した。

吉野は「長年にわたり活動に対する警告にもかかわらず被害が報告され続けている」と述べた。 「なぜそのようなことが起こるのかを評価する必要があります。」

安倍首相を殺害した容疑者は、統一教との絆のために安倍元首相を標的としたと述べた。

このグループは、執権自民党と長い関係を維持してきました。 最近、教団と岸田文夫首相の内閣構成員と自民党議員の間のつながりが明らかになった。

これらの関係は、人々の間で自民党が教会の問題を真剣に扱っているかどうか疑問を引き起こしました。

キトは、消費者庁パネルの評価に加え、法務部が主導する省庁間機構が統一教問題をどのように処理するか検討していると指摘した。

キト首相は「そのような機構でも問題を解決するのに困難があることが判明すれば、省庁の境界を越えて具体的に問題を扱う国務長官を指名して問題を解決する必要があるだろう」と話した。 。

消費者法の専門家である松本は、結局岸田政府が問題をどれほど真剣に解決するかによって教会と取引することになると述べた。

(この記事は寺田美穂子、小泉宏樹、滝沢すぐるが書いた。)

READ  日本、原油価格抑制のための非蓄油排出の検討 - 刑務所

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close