理科

癌の生存者で、日本で新しい章を開く

クアラルンプール:18歳からのがんと闘病中の癌の生存者Amelia Tanは、日本で生物学を勉強するために大学院の奨学金を受けた後、人生の新しい章を開始しています。

Tan(31歳)は、車椅子に縛られている脊椎転移から回復した後、2009年に在宅ビジネスを開始しました。

「18歳にはすでに脊椎に癌が広がった4基リンパ腫の診断を受けました。

「私は、がんの治療を受けながら病床に横たわっていた完全な退屈から抜け出しママのビーズコレクションを持って遊び始めました。

Tanはインタビューで、「この小さな催し物はすべてを消費する熱意となり、後に集中的な理学療法を介して一人で座って車椅子に移動する方法を学んだときに私の作品をオンラインで販売することを決めました。」と言いました。

自信が低かった当時のオンラインビジネスの匿名性が魅力的だったという。

“オンライン販売は私の速度に合わせて働くことができるということを意味し、最も重要なことは、誰もが私を見ることができないということでした。

Crafted By Meiで1人の女性のブログでMeiとしてよりもっとよく知られているTanは「私の車椅子に乗っているので、誰も私からのものを買わないことができない、私は車椅子に乗ることによって、誰もものを購入することができません。」と言いました。

Misty、At The Bay、Juicedのような複雑で奇抜な作品を通じてTanはクリスタルとバイコーンビーズ、真珠、様々な真、時にはスワロフスキー装飾を使用し、職人の宝石の童話の国を作りました。

事業が成長してTanは安定した注文に忙しく過ごしたが、3年後、彼女は停滞期を迎えました。

“私はビジネスで私が欲しいものを達成した継続進む準備ができたと感じました。 その私の最初障害者になったときと、他の人がいます。 私は私の障害を受け入れ、私のアイデンティティを受け入れた。

「私はこれ以上の車椅子に縛られている自分を見ていない代わりに、椅子を自分の延長線にします。」と彼女は言いました。

生活のための新たな情熱を持ってTanは、2015年Taylor’s Universityに登録して3.99 CGPAでの生命科学の学士号(優等)を取得しており、まだ宝石事業を運営しています。

幸運なことに、彼女は締め切り数日前に、日本政府が広告された奨学金の提供を受けました。

彼女はUniversiti Malayaで研究助手として働いて宝石のご注文も実行されたほぼ1年の間にインタビュー選抜段階の後、彼女は奨学金を受けたという良いニュースを受け取った。

彼女は昨年4月、日本に行く予定だった。

コロナ19余波で出国が先月に延ばされた。

“いくつかの点で、今回の演技は、手術を受けて、6ヶ月の間病床に横たわっていたので、最も祝福されたことでした。

「その中に奨学金と一緒に来た初心者のためのオンライン集中日本語コースに登録しました。

“修士課程は、英語で行われますが、言語の基本的な理解が必要です。」と彼女は言いました。

彼女はちょうど終えた日本で2週間の隔離期間中Tanは人生について考える時間を持ちました。

「人によって異なりますが、私には身体的な部分(障害がある)ではなく、自己のアイデンティティの変化も含まれていました。

“私は大学に行った時に準備ができていなかった場合その良い時間を過ごしたでしょう。 だから、家族が私に「生きていこう」は、圧力を加えていないことに感謝します。

Tanは「今後、ここで研究生活を楽しんで外国からの独立することを願っています」とTanは言いました。 また、彼女のブログは、海外にいる間、無期限閉鎖されると付け加えました。

READ  NASA Curiosityローバー、「Mont Mercou」で美しい火星ハメ撮影

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close