トップニュース

発売日を迎えた「Xbox Series X」を体験 – 静かな動作および負荷などの速度が特徴 – CNET Japan

Microsoftは11月10日に国内発売されたゲーム機 “XboxシリーズX「10月28日付の記事で、外傷や公開された本体を、11月5日付の記事でセッティングの様子を掲載しました。今回は、本体が到着後、実際に触ってみて感じたことなどを使いたい。

発売に先立って「Xbox Series X」公開李 – すぐにボックスと言う本体に

「Xbox Series X」の公開後からインストールまでを写真で紹介–Xboxアプリを活用

Xbox Series Xは、会社が展開しているゲーム機「Xbox」シリーズの最新ハード。 Xbox Series XはXbox史上最も高性能コンソール機と強調している。 4K / 120fpsのゲームプレイとゲームのロード速度大幅に向上などを特徴としている。 併せて、Xbox史上最小のディスクがないタイプで、次世代のゲーム体験を楽しむことができる「Xbox Series S」も同日発売した。

すでに公開されたように、Xbox Series Xの本体は、箱とすることができる形状。 今までの据え置き型ゲーム機本体の画像よりも小さいデスクトップPCやセットトップボックスなどに近いもの。 縦にも横にも対応している。 その形状から垂直にもアクセサリーなどはなくても安定している利点である。 ただし、船熱処理を考えると入れはやや考慮したほうがいいと思う。

本体の形状はもちろんのこと、床に垂直を想定したパッドが敷かれていることもありアクセサリーがなくても安定し

そして気になるポイントのひとつである駆動音やファンの騒音について。 本体は、配列の穴から見える程度に大型のファンが装着されている。 したがってファンの音も大きくなることが……というイメージががちですが、意外に静かだった。 ゲームプレイでも駆動音やファンの音が大きくなるのはなく、全く関係のないものとなっていた。

垂直であれば上記の配列。ファンも見えますが、その大きさとは異なり、とても静かである

垂直であれば上記の配列。ファンも見えますが、その大きさとは異なり、とても静かである

コントローラのトリガーとグリップ部分に、いわゆる「ラフ」しているようなグリップ加工が施されており、滑りにくいようになっている。 そして、共有ボタンも搭載されており、スクリーンショットやキャプチャを簡単にすることができるようになっている。 ちなみにスクリーンショットやキャプチャは、ゲーム内でのみのメニュー画面などで利用できないようになっている。

中央にある3つのボタンのうち、ゲームのスクリーンショットなどを実施共有ボタン

中央にある3つのボタンのうち、ゲームのスクリーンショットなどを実施共有ボタン

写真では少しわかりにくいが、グリップ加工がされている

写真では少しわかりにくいが、グリップ加工がされている

ゲームタイトルは、 “Optimized for Xbox Series X | S」と題し、Xbox Series XとXbox Series Sに最適化するタイトルもある。 彼らはロード時間と強化されたビジュアル、最大120fpsのより安定したフレームレートを提供することを強調している。最適化は、順次実施する予定で、そのリストも公式サイト公開されている。

最適化されたタイトルも、事前にいくつかの提案された「Gears 5」や「Gears Tactics」という重厚なグラフィックで描かれているタイトルも再生することができます。 120fpsをサポートするモニタがなかったので、その点については言及できないが、ロード時間の長い感じはなく、概ね迅速感じられるものとなっていた。 滑らかな動きとグラフィックス、そして信頼性の高い快適な動作でゲームを楽しむことができると考えた。

「Gears Tactics」のタイトル画面。最適化されたものと表示される
(C)2020 Microsoft。

新機能「クイック再開」も気になるポイントゲームで他のゲームに移行すると、そのゲームの状態を保存します。いつでも中断と再開することができる機能があり、複数のゲームをジャトピン求めるように変えてプレイすることができる。筆者が試し時間を計った範囲の中でXbox Series Sに最適化されたタイトルで、通常は8秒前後とゲームを一から始め再度よりもはるかに速いのは間違いない。

クイック再開が行われると、画面に表示される

クイック再開が行われると、画面に表示される

ゲームに招待Xbox、Xbox 360、Xbox OneタイトルがXbox Series Sでプレイすることができる下位互換性も特徴。 もちろん、すべてではなく、サポートしていることに限定されるが、デジタル版(ダウンロード版)で購入したものは、再度ダウンロードするプレイ可能。 ディスク版(パッケージ版)は、そのディスクが必要である。そのタイトルのリストも公式サイト記載されている。 この他にも、100以上のゲームが定額制でプレイすることができ、 “Xbox Game Pass」も用意されており、本体を購入してプレイできるゲームが不足した状況では難しい。

後方互換性のある機能でサポートしているタイトル(ダウンロード版)を所有していれば、

後方互換性のある機能でサポートしているタイトル(ダウンロード版)を所有していれば、「私のコレクション」→「ライブラリ全体」の「所有しているすべてのゲーム」に表示されている

メニュー画面でも

メニュー画面でも「Xbox Game Pass」にアクセスが可能である。海外タイトルも多いが、「テイルズオブヴェスペリアREMASTER」や「Yakuza Kiwami “(邦題:龍が如く極)」SOULCALIBUR VI」など、日本に慣れているタイトルも用意されていある

ゲーム以外の部分に目を向けると、Ultra HD Blu-rayに対応する光学ドライブを搭載。 映像作品の鑑賞も可能となっている。 メディアプレーヤーアプリケーションがインストールされているされ、初めての映像作品のディスクを挿入すると、インストールが刺激される。 このほか、YouTubeやNetflix、Amazon Prime Video、DAZNなどの映像配信サービスアプリケーションも用意されている。

事実、筆者がXboxシリーズのゲーム機を所有している第2世代前の、Xbox 360のみ。 一つの変形されたXbox Oneは所有しておらず、ほとんど触れていないので、彼との比較はできないが、Xbox Series Sを触っ率直に感じたのは、開始とロード動作速度というのが尽きるだろう。 他の据置型ゲーム機に触れていたため、昨今のハイエンドゲームを全く知らないわけではなく、重厚なゲームほどロードに時間がかかるということを体感していただけに、それに匹敵するタイトルに行こう動作というのは、ゲーム体験にプラスアルファの長所がある。 駆動音やファン音が小さいことも追加されているものである。

Xbox Series X到着後は、よくプレイしていたタイトルの一つ

Xbox Series X到着後は、よくプレイしていたタイトルの一つ「Forza Horizo​​n 4 “オープンワールドレーシングゲーム。最適化されたタイトルGame Passにも対応している
(C)2018 Microsoft。 すべての権利を保有。 Playground GamesのPlayground Gamesのロゴブランド。

また、余談もしますが、下位互換性も嬉しかったところ。 Xbox 360のデジタル版で購入したタイトルは、記憶が薄かったこともあって、かっこいいなかった再会という感じもあった。 前述したように、リスト自体は公開されているが、筆者の購入範囲の中でもよく演奏していた「ソウルキャリバー」「ガーディアンヒーローズ」「レイディアントシルバーガン」「Trials HD」「斑鳩IKARUGA」「トリガーハートエグゼジェリカ “” Every Extend Extra Extreme」と党が対応し、作業の間に懐かしさを感じながらプレーをしていた。

筆者が保有しているXbox 360と一緒に。少し汚れがあり恐縮ですが、本体がブラックというのは洗練されたであり、汚れなどが目立ちにくいいい個人的に思う

筆者が保有しているXbox 360と一緒に。少し汚れがあり恐縮ですが、本体がブラックというのは洗練されたであり、汚れなどが目立ちにくいいい個人的に思う

Xbox 360のタイトルを起動すると、当時のロゴと起動音が表示される

Xbox 360のタイトルを起動すると、当時のロゴと起動音が表示される

Xbox Oneを保有しているユーザーではなく、第1世代分の間が空いているという特異な立ち位置であるが、そのためにゲームタイトル、誰も新鮮なようなものや懐かしさもあって楽しめたのは、おそらくあった。 一方、体験したタイトルは、発売前ということもあり最適化に対応したもの。 そして、現在のラインナップも概ねそうに見える。 Xbox Series Sの性能ありきで開発されたゲームを期待したい気持ちもあるが、その登場は少し今後のものと推定される。 併せて、その性能を発揮するモニターやTVなどの環境面がより手頃な価格の場所に整えられる状況になればと考えているところもあり、その観点からいけば、Xbox Series Sは「今後」と思うゲーム機と感じられた次第である。

READ  さとみユリア「殺す」と聞くと「殺すつもりはない」と - 事件・事故 - 芸能:日刊スポーツ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close