経済

発展途上国の開発援助の社会的影響

©インゲ号ゲンビル

佐藤カーン博 日本の発展途上国の経済研究所、 発展途上国での開発援助の社会的影響に関する研究活動チャート

開発援助の提供は、多くの欧米諸国では、「国際開発(ID)」で説明されます。 世界銀行の国際開発協会は、その名前にIDが含まれています。 米国、英国、スウェーデンなどの一部の両者の援助機関はすべてUSAID、DFIDとSIDAのIDを使用します。 一方、日本と韓国の救援団体は、国際協力(IC)という用語を好むし、JICAとKOICAの両方IDがなく、ICを持っている。 2018年に設立された中国の援助機関(中国国際開発協力機構 – CIDCA)は、IDとICの両方を持っています。

開発援助と近代化の促進

開発社会学者として、私は40年の間に発展途上国での開発援助プロジェクトの社会的影響を研究してきました。 私はIDとICの違いに関心があり、この差は、強制された開発、すなわち工業化、近代化と西欧化への抵抗のために非西欧社会の敏感を反映するものです。 国連機関と両者間供与機関が推進する開発援助事業のほとんどは、広い意味での「現代化」を目標にしている。 人間開発でも、経済開発であれ、プロジェクトの目標は、「先進国のように」に設定される。 先進国や先進国はほとんど欧米出身国です。 また、(元のOECD加盟国として)、伝統的なドナーであり、植民地国でした。 植民地時代には国家の利益に基づいて植民地を開発した。 植民地独立後には、「国際的発展」に変わったが目標はそのままであった。 母国を倣うこと。

一方、東アジアのドナーは、他の歴史を持っています。 例えば、日本は欧米諸国よりも遅れて近代化を開始し、社会文化的課題、すなわち西欧化の課題に直面しました。 急速な産業化と西欧列強に追いつく過程で最も効果的な方法は、西欧を模倣することだった。 しかし、伝統的な社会は近代化の過程で多くの抵抗と拒否を示した。 韓国、中国、その他のアジア諸国も似たような経験をしました。 したがって西側のドナーは、「自分と同じなる」を目標に、単一の軌道の国際開発を推進したが、東アジアのドナーは、「欧米諸国と同じでない」の近代化方式を追求することです。

発展途上国の各社会は西欧社会と他の社会システムと構造を持っているので「近代化」は、元の社会に応じて異なる場合があります。 したがって、開発援助はドナーと受益者の「協力」がなければ行うことがない。 開発援助事業は、本来、外国の制度の導入を目的としており、地域社会の住民は本能的にこれを拒否した場合が多い。 すべての人が「西欧化」を喜んで受け入れることはありません。 反応は、「キリスト教化」を意味するときに敵対的である。

「経済発展」、「産業化」、「輸出促進」のような純粋物質主義的な目標を狙った開発援助も、その影響は、経済的領域だけにとどまらず、社会的影響に拡大するしかない。 したがって、地域社会への理解と発展の知識は非常に重要です。 私たちは、これをどのように知ることができますか?

開発援助の増加と地域研究活動の減少

伝統的開発事業では、宗主国の専門家が来て、まるで宣教活動のように地元を導くべきであった。 一度植民地が独立すると、地方政府は、開発活動の “運転席に座っている」ことを期待されます。 しかし、当該分野に適切な知識と技術を備えた人がいない場合、プロジェクトが進行しません。 したがって旧宗主国で留学を行った地域のエリートたちが重要な役割をした。

これにより、開発援助事業が導入されると、地域の大学教授、コンサルティング企業、NGOなどの就業機会が生じるだろう。 このような機会をつかむ多くの人々は、ヨーロッパやアメリカで留学経験があります。 したがって、彼らは、地域住民の代表者ではなく、ドナーの専門家の有能な代理人の役割をすることができます。

約20年前には、世界の銀行と国連の開発事業のためにPIU(Project Implementation Units)を現地に設置することが流行であり、現地の人材をコンサルタントとして雇われてプロジェクトを管理した。 PIUは寄付者が資金を支援するため、給与が現地の基準に比べてはるかに高くなります。 その結果、有望な地方公務員がよく選ばれた。 しかし、プロジェクトは数年以内に終了します。 プロジェクトが完了したら、それらの多くが低賃金公務員に戻らずに、別の救済プロジェクトで従業員としての仕事を見つけることです。 同じことが地域の大学職員にも起こります。 大学教職員は、低給与で生活することができないため、開発援助事業のコンサルタントやアドバイザーとして契約することが自分たちの生活を安定させることができる唯一の方法です。 工学と経済学部の教員は、継続的に需要があります。 1990年代の社会開発事業が増加し、社会学部教授も副業の機会ができた。

最近では、経済学者や社会学者がドナーの要求に応じて、さまざまなアンケート調査を行ったが、ほとんどの場合、統一され、国際的に比較可能な定量的調査が好まれる傾向がある。 RCT(Randomized Controlled Trial)が代表的な例です。 RCT調査は、コストがかかるため、発展途上国の研究者は、ドナーの資金に調査を行うことができることに非常に感謝しています。 しかし、これらの定量的調査が大衆化され、ドナーは、人々の生活と密接な関連がある定性的調査にあまり関心を持たない。 これ圧倒される農村や都市スラムの社会実態を綿密に調査している。 これは、長期的な国家政策決定にはあまり有利である。

アジア諸国の発達社会学の比較

著者は現在、アジアの社会学者と協力して、アジア各国の発達社会学カリキュラムの比較研究を進めている。 まだ最終的な結果は出てこなかったが、すでに非常に興味深い点が浮上した。 日本を含むアジアの大学で開発社会学という科目を明示的に持っている大学はほとんどありません。 開発経済学は、すべての国で開発関連分野の主流であり、経済学者たちは、国家発展戦略に参加する機会が多いようです。 多くの大学で社会学の発達社会学カリキュラムがありますが、ほとんどの教科書には、次のとおりです。 基本的には英国と米国で。

日本の場合、近代化の過程に基づいた農村社会学が発達したが、本研究者は、海外からの国際開発と援助事業に参加することがほとんどない。 他の国には、独自開発会社を教えるカリキュラムが多くありません。 しかし、人類は、特に少数民族と疎外階層の発展問題を研究している研究者が多い。

大学教授の副業として、外国ドナーが後援する開発援助事業に参加することは、どの国でも見ることができる。 一方、

市民社会団体(NGO)と一緒に半開発活動に参加する、タイとフィリピンの社会学者。

多くのアジア諸国が現在、中間層国家への道にありますが、それぞれの国には、まだ多くの貧しい人々がいます。 国内の貧困層への援助事業は、まだ必要なのが実情であり、膨大な統計の画一化されたメニューではなく、地域の研究者の研究を促進することが、ますます重要になっている。 これは、「誰も残さないこと」の重要性を宣言した持続可能な開発目標(SDGs)とも一脈相通ずるます。

注:これは、商業プロファイルです。

編集者の おすすめ 条項

READ  EU、ワクチンの輸出制限のためのグローバル批判に直面している

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close