エンターテインメント

監督は、残忍な拘禁を暴露するために秘密の撮影を提唱

多くの批判を受けている移民施設内の状況を暴露するために働いた日本ベースの映画制作者トーマスアッシュは、主題がより広く放送されるように抑留者とのインタビューを秘密に録音することにした自分の決定を断固として擁護しました。

受刑者は、ビザを超えて滞在するために日本全土の施設で何年も苦しむことがよくあります。

茨城県牛久にある東日本出入国管理所で収監者9人とのインタビューを映像と音声で録音した彼のドキュメンタリー映画「牛久」は2月26日から東京などで上映される予定だ。

「これがあなたがおもてなしと呼ぶのですか?」 アフリカ系の囚人は、訪問者に「表参道」を提供する日本の誇りについて映画から尋ねます。

受容者は、仮釈放要求が14回も拒否された後、断食闘争を行いました。 クルド人の受刑者は、難民の地位の承認を得るために施設で4年以上待ってから自殺を試みました。

アッシュ(46)は2019年から施設に拘留された外国人を訪問し始めた。

彼は約20年前にアメリカを去り、日本で補助英語教師として働きました。 その後、彼は映画制作に飛び込み、2011年の福島原発事故に対するドキュメンタリーとテレビドキュメンタリー番組を制作して好評を博しました。

最初は拘禁施設について映画を撮る計画はなかった。

しかし、牧師の家庭で育ち、幼い頃、教会の合唱団に加わった孤独なクリスチャンとして、Ashは長期間拘禁され、収監者の精神的、肉体的健康に被害を与える方法に怒りました。 彼は教会のボランティアとして彼らの問題に耳を傾けました。

出入国管理所は、訪問者が拘禁者と会話する写真やビデオを撮ることを禁止します。

Ashは、アクリルパネルの反対側に座っている囚人とのインタビューを録音するために小さなカメラを隠しました。 彼がこっそり撮影しているという事実が知られ、出入国管理所で出入りを禁止した。

Ashは、インタビューを秘密に録音する以外に、他に選択肢がないと感じたと述べた。

「多くの日本人は移民施設で何が起こっているのか全く知りません。 「囚人の言葉を聞くために映画を見ると、彼らは私がなぜ映画を撮影する必要があるのか​​を理解したと確信しています。」

映画の公式ウェブサイトは以下からアクセスできます。https://www.ushikufilm.com/)。

READ  2022年3月にNetflixにリリースされる最高の日本映画とシリーズ5

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close