エンターテインメント

監督は最近の努力で3/11以来の喪失、孤独を再訪問

日本で一番早く浮上する二人の女優が中川龍太郎監督の最新作に出演しますが、これは別の成長物語ではありません。

代わりに「ある日、海に届くだろう」という2011年の東日本大震災と津波のために大学の同窓が消えた後、人生を生きていく一人の女性の話を描く。

中川の過去作品としては、2019年に発売された「Mio on the Shore」があります。

「ある日海に届く」で、吉井由紀野が演じる恥ずかしがり屋で、陽気で社交的なスミレ(浜部南)は意外な友情を発展させます。

大学に入学した後、彼らは学生クラブの新しいメンバーを歓迎するために開かれた飲み会で会います。

マナが似合わず厄介な中、スミアは男子生徒の間で人気があります。

だが、すみれはそんな集まりを本当に嫌い、マナと一緒にパーティーでこっそり抜け出る。 両生徒は緊密な関係を形成します。

ある日、すみれは一人で東北地方へ旅行に行き、津波にさらされる。

マナが死んだ友達を思い出しながら、ストーリーが展開されます。

監督中川龍太郎

中川は2011年の惨事直後、自ら命を絶った学生時代の友人を失いました。

彼は「(彼の死で)一人残された私自身と災害後に変わった日本社会との関係についてずっと気になった」と話した。 「その質問をもう一度調べる良い機会になると思いました。」

災害後、岩手県陸前高田に巨大な防波堤が建てられ、未来の津波から海岸を保護しました。

中川は映画で冷静な方式で抑圧的な構造を見せることにした。

監督は「目に見える傷跡はほとんどなくなったが、惨事後に経験したのとは別の衝撃を感じた」と話した。 「災害地域は、巨大な土手で象徴される生命がなく、画一化された空間になりました。 それが災害からの再建が意味するものかどうかは分かりません。」

READ  オリンピックソフトボール視聴方法:スケジュール、TVチャンネル、時間、米国チームの無料ライブストリームなど

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close