理科

相対性理論の「時間遅延」は、単30cmの高さから発生 – GIGAZINE



一般相対性理論の一つである「時間遅延「この二つの点にかかる重力が他の場合は、両方のポイントの時間がそれぞれ異なることができなかっ進め方という現象です。」重力が違う」と言う地球と宇宙程度の差が必要なように見えるが、実際には地球上でわずか33cmの高低差時間遅延が観測することができることが明らかになっています。

NISTアルミ原子時計のペア、個人規模でアインシュタインの相対性理論公開| NIST
https://www.nist.gov/news-events/news/2010/09/nist-pair-aluminum-atomic-clocks-reveal-einsteins-relativity-personal-scale

米国国立標準技術研究所(NIST)研究チームが2010年に実施した実験によって、わずか33cmの高さから時間遅延が発生することが明らかになりました。実験では、原子などスペクトル線を利用して、時間を記録する原子時計が使用されています。 原子時計は、多くの時計の中でも、非常に高い精度を持つ時計で動作中に発生する誤差は、3000年〜3000万年に1秒程度とのこと。


NISTの研究チームは、2010年時点で、世界最高水準の性能を持つ原子時計二動作を比較して実験を行いました。 時計はすべて帯電されたアルミニウム原子のエネルギーレベルが変更されるときに発生する、1000兆回以上の振動を利用して、時間を計測する時計です。 2つの時計は、それぞれNISTの他の研究室に置いて長さ約75mの光ファイバで接続されていました。

実験では、まず、原子時計のいずれかを実験室の床に置き、もう一方を床から約33cm高い位置に配置して、それぞれの時間の進行方法に違いが起こるかを測定。 その結果、非常に僅差で高い位置にある時計は、時間の進行が速く、低い位置にある時計は、時間の進行が遅いという結果が単一33cmの差で時間遅延が発生することが明らかになりました。

また、実験で観測された時間遅延は、人間が知覚できないほど非常に小さいものでした。 研究チームによると、「人間が地球上で一生の間に経験する時間の遅延は、人生を80年とした場合、約900億分の1秒程度である “とのこと。 NISTの研究者として論文の筆頭著者であるジェームス・チンウェンチョウ氏は、アルミニウムを用いた原子時計が非常に高い精度を持っていたので、時間遅延を証明する小さな変化を検出することができている。


2020年には時間遅延を検出するために、原子時計のようなものである光格子時計などを使った実験が行われており、日本でも東京スカイツリー展望台と地上の間で発生する時間遅延を観測することに成功したことが東京大学の研究チームによってレポートされています。

この記事のタイトルとURLをコピー

・関連記事
アインシュタインのノートには、何が書かれているのか? – GIGAZINE

アインシュタインの相対性理論を証明した「和食」とは? – GIGAZINE

「世界で最も正確な原子時計」を作成、研究者の話動画が公開中 – GIGAZINE

「超精密原子時計を実験室の外に取り出し、地上の標高差を測定する」という実験が行われている – GIGAZINE

60年前のHP製品」原子時計」こんな感じ、実際に動作している様子も動画で公開中 – GIGAZINE

READ  地球の生命は月の磁場も守られながら誕生したのかもしれない| sorae宇宙のポータルサイト

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close