スポーツ

相撲完璧な仕上がり: Terunofuji、Takakeishoを破って15勝0敗で九州トーナメント仕上げ

~~

日本のイノベーターがコロナウイルスに対応するための新しい技術を開発しています

~

Yokozuna Terunofujiは11月28日日曜日に大竹嘉月を抜いて、九州グランド相撲トーナメントを完璧な15-0記録に仕上げました。

6回目の天皇杯を終えた1日後、Terunofujiは対決直後に高岬に押されたが、福岡国際センターで開かれた最終試合から素早く回復して相手を押し出した。 高池穂は12-3に落ちた。

照野富士は「自分で戦うことができた。 「完璧な記録で優勝したことがないのですが、こうして優勝してとても嬉しいです。 大きく考えずに頑張ろうとしました。 大きな体を最大限に活用しようとした」と話した。

スポーツ最高級に昇格されて以来2年連続優勝を占めた29歳のTerunofujiにとっては、眩しい一年を終えるのにぴったりの年でした。

彼は土曜日にAbiに勝ち、天皇杯を獲得し、日曜日に彼の最初の「zensho yusho」または完璧な記録チャンピオンシップのために銃を撃っていました。

Terunofujiは7月にスポーツトップランキングに昇格した後、9月のトーナメントで横綱でデビューし、全体の5番目のタイトルを獲得しました。

彼のグランドチャンピオンへの昇格は、スポーツで2番目に高いレベルの大関で荘厳なTerunofujiに壮大な復帰を飾った。 彼は両膝の負傷のために5部リーグに落ちた。 魂から 2019年3月に分割。

11月29日月曜日に30歳になるテルノフジ(Terunofuji)は、「私は大きな目標を念頭に置いていましたが、このような多くの目標を達成することは想像もできませんでした。 私の年齢についてあまり考えたくありません。 2022年にも大きな目標を立てるだろう」と話した。

他の主な試合では、三菱三菱は11-4に改善するために、オズキショダイをブルドーザーにプッシュし、印象的な九州キャンペーンを完了しました。 9-6で仕上げた祥台に強い姿ではなかった。

2位 前ヶ良高野翔は一連の腕押しでAbiを圧倒し、11-4に向上し、トーナメントの2つの闘婚相のうちの1つを確保しました。

高野翔は「試合直前に勝てば賞を受けることができることを知っていたので少し緊張しました」と言いました。 「アビが強いことを知って最初から攻撃的に出ることにしました。」

Abiは12-3に落ちたが、タイトルのためにTerunofujiに挑戦することを含む彼の印象的な結果としてトーナメントの別の闘志を受けた。

他の場所では15位の前ヶ島千代丸が7位の前ヶ島浦を相手に圧倒的なドローで8勝7敗を記録して優勝を終えた。

トーナメントの技術賞を受賞したウラは10勝5敗という強力な記録を立て、様々な異色的なウィニング技術でファンを感動させた。

Sekiwake Meiseiは優秀な対決を利用してモンゴル生まれのIchinojoを追い出し、8敗、7回目の勝利を収めました。 Komusubi Ichinojoは5勝10敗の記録しか管理できなかった。

12位 前ヶ原北藤富士は、7位の千代正馬(8-7)を破って11-4に逆転勝ち、成功した九州キャンペーンを終えた。

人気の4位の前ヶ原遠藤(Endo Endo)も7勝8敗に落ちた17位の前川ライン海成(Kaisei)を押し出し、8勝7敗の勝利記録を終えました。

モンゴルのホショリウは、教科書オーバーアームドローを使って、タカラフジを土の表面に広げながらスタイリッシュにトーナメントを終えた。

5位 前ヶ原保正流は7-8で、4位の宝富士は5-10で締め切った。

トップ前ヶ原若高茂がトビザル(7-8)を抜いて正面に押し出し、8-7の勝利記録を確保しました。 相撲の飛んでいる猿であるトビザルは、ドヒョウから飛んで観客席に座ったとき、彼の名前にふさわしく住んでいました。

やはりトップ前江市ライン大栄ショーは12番石浦を破って8-7に向上させながら高い記録を立てた。 石浦は7-8で敗れた。

モンゴル人の桐山は玉川市を前面に出したコムスビーでのデビュー戦を終え、9戦6勝を収めた。 桐山が望んだ結果ではなかったが、コムスビーとして激しい競争に直面していた。 6位前ヶ島玉川市は9-6で仕上げた。

日曜日早く市山本が勝利しました。 juryo エリートで再度昇格するために13勝2敗のディビジョンタイトル マクウチ 次のトーナメントのディビジョン。

三つ星

ファーストスター:照野富士。 今年引退した横綱の伝説白穂がいない状況で、新しい時代を開く準備ができているTerunofujiは、生涯初の「zensho yusho」を通じてもはや良くなりませんでした。

2番目の星:高野ショー。 最後の日、Abiに勝ち、2位の前ヶ島は1月に新年のバショの順位を上げると確信しました。

3城:若高茂。 トップ前ヶ島という最後の日、トビザルを相手に印象的な活躍を繰り広げ、優勝記録を確保した。

著者:ジムアームストロング

著者は25年以上日本でスポーツを取材した長い記者です。 あなたは彼の記事を見つけることができます ここ、JAPAN Forward。

READ  日本代表チームの飲みレと - FBC News

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close