理科

省庁、サービス契約について400人以上の時間制講師が日本香川大学を調べ



この写真は、香川大学非常勤講師と業務委託契約を締結した様子です。 (毎日/西本社クワ)

高松 – 文部科学省は、サービス契約に基づいて働く約400人のパートタイムの講師の手に授業を任せたという事実を発見した西日本の香川大学を調査し始めました。

教育文化体育科学技術部は、学生を責任を持って教育するために大学が講師を直接採用し、教育機関がこれを制御し、監督することができるようすべきだと明らかにしたこれに対する詳細な説明を模索中である。 大学での就職状態。

香川大学によると、2020年度の末基準で約400人の非常勤講師があった。 国立大学法人となった2005年4月には、直接雇用でのサービス契約に切り替えた。 なぜ大学が変化をしたのかは明らかでない。

教育内容を豊かにする観点から、大学は郊外教育施設や企業とサービス契約を結んで、従業員と会社のメンバーが外部講師として授業を教えるようにすることができます。 しかし、2007年に文部科学省から発表された通知は、学業の評価やその他の問題が授業を担当する大学教員によって処理されるように大学に要請しました。 これは、2005年度に文部科学省がサービス契約の講師の役割は、大学がサービス契約の講師に報告するように命令することができないという事実に基づいて授業を処理する教師を支援することに制限されるべきでないという見解を表明した後に発生しました。 偽造契約作業とみなされ違法です。

しかし、香川大学で10年間教育を教え、時間講師によると、サービス契約には、講師が担当する科目が明示されており、その作品は「授業、試験、採点など」と説明される。 講師は作品の内容が他の大学から直接勤務時間講師と同じであると説明した。

2018年9月には、東京の大学は時間制講師とのサービス契約を放棄し、雇用の安定性と教育の質の向上を理由に、直接雇用に転換しました。 西日本の京都大学は同様にすべての時間制教師を直接雇用すると言います。 グループ大学非常勤講師組合関西明江尻事務総長は、「時間講師とのサービス契約の事例はほとんど聞いたことがない」と語った。

香川大学人事企画代表は毎日新聞に「大学は、直接雇用するかどうかなど、内部的に対応を検討している」と述べた。

(日本原作:西本社クワ高松局)

READ  今週の小惑星Bennuと5つの最高の宇宙科学の話のための最後の飛行

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close