スポーツ

真弓明信氏のライブ評論阪神2者3巨人/詳細 – プロ野球ライブ速報:日刊スポーツ

阪神前監督に日刊スポーツ評論家真弓明信氏(67)がライブ評論で注目プレーを解説。

巨人は3回に近い本本塁に悪送球で1点を先制。 4回の大成犠牲フライで1点、5回にも岡本の適時打でリードを広げた。

阪神は7回に1点、9回に糸原ソロで1点を返すが、反撃もそこまで。 阪神は3位転落。 先頭巨人とのゲーム差は8.5に開いた。

スコア詳細

彰布真弓(2019年3月26日撮影)
チーム123456789メートル
巨大な1113
名神112

【巨大】○ベンツ、ナシ、大竹オでは、中川、デラロサ

[하나님]●高橋、肝臓ける、岩貞岩崎

[책]糸原3号ソロ(9回デラロサ105m)

試合後

[마유미 아키노부 씨의 평론]

– 阪神痛い連敗となった

CSのシーズンはかなりの差が出なければ、6位のチームでも3位に食い込むチャンスがあった。 今年はCSがない。 サブチームは、その中で次のシーズンを考え始めている。 これだけ先頭との差が表示されたら、自分のチームの勝利だけで違いを減らすことは困難である。 しかし、消化試合も多く、いわゆる「巨人包囲網 “というのは期待できない。残りの2,30試合でペナントレースの行方は決まってくるだろう。それを考えると、一つの勝負が与える影響は大きい。この敗北は痛いはほかない。

阪神巨人阪神を破り3勝目ポーズで笑顔をメルセデス(撮影・河野匠)
阪神巨人阪神を破り3勝目ポーズで笑顔をメルセデス(撮影・河野匠)
阪神巨人阪神勝利ナインをエアタッチに合わせて原監督、左はメルセデス(撮影・加藤初)
阪神巨人阪神勝利ナインをエアタッチに合わせて原監督、左はメルセデス(撮影・加藤初)
阪神大巨人9回裏阪神1死1塁大山二ゴロ併殺打を飛ばし試合終了の空を眺める(撮影・加藤初)
阪神大巨人9回裏阪神1死1塁大山二ゴロ併殺打を飛ばし試合終了の空を眺める(撮影・加藤初)

試合経過

<1 회>

巨人坂本二高松原見三振ウィーラー遊と

阪神近い本三と、糸原は変化球空三振量川二高

阪神巨人阪神先発高橋(撮影・神山純一)
阪神巨人阪神先発高橋(撮影・神山純一)
阪神読売巨人先発のメルセデス(撮影・神山純一)
阪神読売巨人先発のメルセデス(撮影・神山純一)
阪神大巨人1回裏阪神1死、糸原は三振に倒れる左はメルセデス(撮影・加藤初)
阪神大巨人1回裏阪神1死、糸原は三振に倒れる左はメルセデス(撮影・加藤初)

<2 회>

巨人岡本サンゴ、マルナカない中島二併

阪神サンズ左中大山遊とのルー封殺ボア初球メルセデスボークで二進。 ボア見三振場合メノウ空三振

[마유미 아키노부 씨의 평론]

– 高橋は安定した投球を見せている。 彼の長所は

高いストレートだ。 角度がある投手ではない。 打者はそれほど低いところで浮かんでいるように見える。 それでも2回岡本が衝撃的な塁ゴロを打った。 アウトされたが、やはり投手は嫌だ。 このような打球が阪神も良いだろう。

<3 회>

巨人おお左安吉川尚右安メルセデス投機、坂本四球阪神福原コーチがマウンドに。松原浅いカエル枚3走者停止も近いこの本塁に悪送球で巨人先制! 神0-1てウィーラー遊と

阪神木ラング二高高橋空三振根本遊直

[마유미 아키노부 씨의 평론]

– 3回巨人が連打でチャンスを作った

吉川尚が一二塁間を破ったが、1塁走者の大成は絶対ルーまで行かなければならなかった。 打球の勢いもそうですし、光の守備は不慣れな陽川。 メルセデス上手バントに役立つされた。 2回松原は2ボールから直球を狙っていた。 その結果、浅いフライだったが、しっかりと振り切っていた。 目的ボールを当てて振り切ることができタイガースの打者はなかなかない。 近い本本塁悪送球は解くことができない。 走者が走るが、走るまいワンバウンドで返せばよい場面だ。

阪神大巨人3回表巨人1死満塁中堅通常この(右)は、松原の打球を捕球送球が外れゴールを与える(撮影・神山純一)
阪神大巨人3回表巨人1死満塁中堅通常この(右)は、松原の打球を捕球送球が外れゴールを与える(撮影・神山純一)
阪神大巨人3回表巨人1死満塁近い本は松原の飛球を捕球本塁に送球がインターネットに直接触れてしまうほどの暴投で失点右カバーに入る高橋(撮影・加藤哉)
阪神大巨人3回表巨人1死満塁近い本は松原の飛球を捕球本塁に送球がインターネットに直接触れてしまうほどの暴投で失点右カバーに入る高橋(撮影・加藤哉)
阪神大巨人3回表巨人1死満塁近い本は松原の飛球を捕球本塁に送球がインターネットに直接触れてしまうほどの暴投で失点右カバーに入る高橋(撮影・加藤哉)
阪神大巨人3回表巨人1死満塁近い本は松原の飛球を捕球本塁に送球がインターネットに直接触れてしまうほどの暴投で失点右カバーに入る高橋(撮影・加藤哉)

<4 회>

巨人岡本遊失、木浪がゴロ混乱。 マルナカヒ中島の2、大都市でより多くのポイントを追加してください! 新0-2巨人吉川出申告忌避、メルセデス空三振

阪神糸原遊飛、両川見三振サンズ投高

[마유미 아키노부 씨의 평론]

–4回おお浅い中飛で三塁走者の岡本が本塁に生還した

近い本は肩も痛い。 走られるような飛行ではない。 それにしても、岡本の開始は速かったようだった。 オレは現役時代勝負のシーンは、フライング気味に出発した。 知らないふりをしたが、内心ドキドキでいる。 1回アウトになったことがあります。 4回2点差されたが力の差はない。 内容的には高橋の方が勝っている。

阪神大巨人4回表巨人1社2 3塁、大成中の日に三ランニング岡本(右)が生還するキャッチャーは呉め(撮影・神山純一)
阪神大巨人4回表巨人1社2 3塁、大成中の日に三ランニング岡本(右)が生還するキャッチャーは呉め(撮影・神山純一)
阪神大巨人4回表巨人無事、木浪岡本の打球をエラーの数(撮影・加藤初)
阪神大巨人4回表巨人無事、木浪岡本の打球をエラーの数(撮影・加藤初)
阪神大巨人4回表巨人1社2 3塁、大成中の犠牲フライで追加点を許可頭を下げた高橋(撮影・河野匠)
阪神大巨人4回表巨人1社2 3塁、大成中の犠牲フライで追加点を許可頭を下げた高橋(撮影・河野匠)

<5 회>

巨人坂本遊安松原捕邪ウィーラー中の中、岡本左2で追加点! 神0-3て円形四球中島投併

阪神大山投高ボア歳安、右め三併

[마유미 아키노부 씨의 평론]

–5回巨人は岡本の適時打で再び1点を追加

最初の打席で岡本は直球をとらえルーに衝撃的な打球を飛ばした。 これの効果がある。 バッテリーは直球を選択難しい。 2口継続変化球を投げた岡本は「直球は来ない」と読んでいたのだ。その前に二回松原で送りバントの指示を提供すると考えた。1点キャッチ阪神ベンチは、状況に応じて高橋打席に代打を送信しないことができなくなるからである。

– 阪神打線は、5回まで2安打無得点

東京ドームで3試合連続無得点ということでしたが、どのよう打つことができず、打席では、位置を変えたり、目標ボール絞り方法など工夫をすれば、1点は取れる。 例えばボアは打席で両足の位置が捕手側が、メルセデスのような左投手の内角はよく見えている。 2回見逃し三振はストライク判定に信じられないほどの表情を見せたのだ。 その内角の軌道に右足だけ開いてシミて構えれば簡単に確認することができるだろう。 良いフォームで打つことだけが重要ではない。

阪神大巨人5回表巨人1死1,2塁、タイムリーを放つ岡本(撮影・河野匠)
阪神大巨人5回表巨人1死1,2塁、タイムリーを放つ岡本(撮影・河野匠)
阪神大巨人5回表巨人1社した3塁、原監督は岡本左越えタイムリー二塁打で笑顔を(撮影・加藤初)
阪神大巨人5回表巨人1社した3塁、原監督は岡本左越えタイムリー二塁打で笑顔を(撮影・加藤初)
阪神大巨人5回表巨人1死満塁高橋は中島の打球を体に当てるが、ツーゴロ併殺でキャッチ(撮影・神山純一)
阪神大巨人5回表巨人1死満塁高橋は中島の打球を体に当てるが、ツーゴロ併殺でキャッチ(撮影・神山純一)

<6 회>

巨人おお左安吉川尚左安メルセデスバントはルー封殺でトゥと。 坂本投高でルー封殺松原空三振

阪神木浪遊邪、坂本フェンス際に捕球。 高橋の代打の中ヒ筋が2ゴール

[마유미 아키노부 씨의 평론]

– メルセデスは6回を2安打無失点で下車

阪神打線は6回で73球しか投げていない。 6回8放棄ランであっさりと3者凡退。 昔の話だが、現役時代のクエン前岡山広島があった。 戦っていると、広島のベテラン群れが早く試合を終わらせたくて仕方ないようだった。 オレは「めまい長い試合ズマ」と思いました(笑)。 結果試合に勝ったのだが。 しかし、戦いはそのようなもの。 相手の心理を読みながら嫌い仕事をする。 まあ、私も早く帰りたかったから心理が知っていたのだが….巨人は高橋と今シーズン三番目の対決。 目的区がはっきりしていた。 最初は凡打したかもしれないが、ジクグウル捕らえた。

阪神大巨人6回裏阪神無事坂本容器は木浪の邪飛を追ってフェンスの前で捕球する(撮影・加藤初)
阪神大巨人6回裏阪神無事坂本容器は木浪の邪飛を追ってフェンスの前で捕球する(撮影・加藤初)
阪神大巨人6回裏阪神無事、木浪の邪飛を保持に合わせて何とか捕球する遊撃手坂本(撮影・河野匠)
阪神大巨人6回裏阪神無事、木浪の邪飛を保持に合わせて何とか捕球する遊撃手坂本(撮影・河野匠)
阪神大巨人6回裏阪神無事、木浪の邪飛を保持に合わせて何とか捕球する遊撃手坂本(撮影・河野匠)
阪神大巨人6回裏阪神無事、木浪の邪飛を保持に合わせて何とか捕球する遊撃手坂本(撮影・河野匠)

<7 회>

巨人(阪神2番目は、肝臓ける中谷中堅筋が落ちる)のウィーラー四球で代走増田対。 岡本右飛、マルナカヒ中島空三振

阪神(巨人2回目は高梨)糸原右低下、高梨暴投で二進、陽川空された。 (巨人3番目は、大竹ブクチョンガ一塁中島降り)サンズ左中大山右飛ボア3球目の大型ファウルを見て原監督が4番目およそ投手の交換。ボア歳ない岡本グラブをはじく三遊間の打球に阪神がゴール! 神1-3てウめそらストライク

阪神大巨人7回裏阪神2社した3塁ボアは右翼アルプススタンドにFKを飛ばした直後大竹はおよそと交互に下車する(撮影・加藤初)
阪神大巨人7回裏阪神2社した3塁ボアは右翼アルプススタンドにFKを飛ばした直後大竹はおよそと交互に下車する(撮影・加藤初)
阪神大巨人7回裏阪神2社した3塁、原監督はボア右翼アルプススタンドにファウルを撮影した直後に投手交代をいう(撮影・加藤初)
阪神大巨人7回裏阪神2社した3塁、原監督はボア右翼アルプススタンドにファウルを撮影した直後に投手交代をいう(撮影・加藤初)
阪神大巨人7回裏阪神2社した3塁ボアはルータイムリー内野安打を放ち、勝利のポーズ(撮影・神山純一)
阪神大巨人7回裏阪神2社した3塁ボアはルータイムリー内野安打を放ち、勝利のポーズ(撮影・神山純一)

<8 회>

巨人(阪神3番目は岩貞)大成右下落吉川尚投安北村一期、坂本敬遠、亀井二し、糸原が本塁封殺増田空三振

阪神(巨人5番目は、中川)木浪遊と中谷空三振俊介ニヒ

阪神大巨人8回表巨人1死満塁、糸原代打亀井の打球を捕球本塁に送球する(撮影・加藤初)
阪神大巨人8回表巨人1死満塁、糸原代打亀井の打球を捕球本塁に送球する(撮影・加藤初)
阪神大巨人8回表巨人1死満塁、右め代打亀井の打球を好捕した糸原で半球で吉川の生還を防ぐ(撮影・神山純一)
阪神大巨人8回表巨人1死満塁、右め代打亀井の打球を好捕した糸原で半球で吉川の生還を防ぐ(撮影・神山純一)
阪神大巨人8回表ジャイアンツ2死満塁、岩貞は増田で三振を奪って雄たけびを上げる(撮影・神山純一)
阪神大巨人8回表ジャイアンツ2死満塁、岩貞は増田で三振を奪って雄たけびを上げる(撮影・神山純一)
阪神大巨人8回に巨人4番目に登板した中川(撮影・河野匠)
阪神大巨人8回に巨人4番目に登板した中川(撮影・河野匠)

<9 회>

巨人(阪神4番目岩崎)岡本見三振丸遊し、炭谷サンゴ

阪神(巨人はデラロサがマウンド)糸原ソロ1差! 神2-3てピンチ福留四球、代走上田サンズ空三振大山

選抜

[요미우리]

1(有)坂本

2(右)松原

3(左)ウィーラー

4(水)岡本

5(中)ウォン

6(日)中島

7(フォー)大成

8(2)吉川賞

9(ツー)メルセデス

[한신]

このあたりの1(中間)

2(二)糸原

3(右)陽川

4(左)サンズ

5大山

6(日)ボア

7(フォー)ウめ

8(ツアー)ムーラン

9(ツー)高橋

試合前

[마유미 아키노부 씨의 평론]

– 阪神は糸原が2回塁で先発に入ったところを観るました

今のタイガースから150キロ近いストレートに対応できる選手は限られている。 その1人が糸原である。 直球を誇っている投手はバチンと芯でとらえされると、「今日はボールがかかっていないのだろうか」と思ってしまい、チカランてしまう。 そこからリズムを与える。 誰か一人が良いヒットを打てば相手投手が崩れる契機になるだろう。 85年虎年齢まっすぐ強かった。 バスは、高速ボールを打つが、半速球は必ず捕まえていた。 岡(岡田)は変化球を打つことが上手し、チッピング(掛布)は、すべて打つことができた。 この試合で糸原が突破口になることを期待する。

– 台風の甲子園で守備に従事注意点は、

常に球場の旗は見ておかなければならない。 試合開始時間と風向きが変わる場合があります。 この時期は、打席で再びスクリーンに向かって吹くことができ多くなることもある。

– 試合前に雨が降った

外野の芝生は注意が必要である。 ゴロ時時。 芝が濡れている場合、ライナー性打球はスピンがかかる。

阪神巨人水浮いたグラウンドに杭を打ち、排水させる阪神園芸スタッフ(撮影・加藤初)
阪神巨人水浮いたグラウンドに杭を打ち、排水させる阪神園芸スタッフ(撮影・加藤初)

READ  千賀が野茂超え "由伸と仲良く「パラメータクイック1000K - プロ野球:日刊スポーツ

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close