睡眠不足日本人25年前より半分に減った

1 min read

シチズンウォッチ(Citizen Watch)の最近の調査によると、1日5時間以下で眠る日本の会社員の割合は11.5%で、25年前より約半分に減った。

1999年の調査では、そのような人の割合が22.8%に達した。

保健省は大人に少なくとも6時間の睡眠をお勧めします。 木曜日の最新調査結果を発表した会社は、長時間勤務改善と柔軟勤務方式の拡散で睡眠不足が減ったと見ている。

去る4月、日本全域の20~50代の職場である400人を対象にインターネットを通じて実施した調査では、6時間眠るという回答者が36.3%で最も多く、7時間眠るという回答が36.0%で続いた。

7時間以上寝ると答えた回答者の割合は52.4%で、1999年の27.0%に比べて大きく増えたが、1974年には依然として67.6%を下回る。

会社が既婚者200人にパートナーと会話する時間を尋ねる質問に15.5%が少なくとも2時間以上会話すると答えた。 これは1999年6.4%、1974年6.9%の2倍以上だ。 業務方式改革推進とコロナ19ファンデミックにより、人々が家庭で家族と一緒に過ごす時間が増えている可能性がある」と会社側は調査報告書で明らかにした。

一方、配偶者と話す時間がない割合は、1999年の10.2%、1974年の0%から12.0%に増加し、共同世帯の増加を反映したものと見られる。

READ  ボイジャー1号が星間空間で「ブンブン音」を検出:レポート
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours