エンターテインメント

矢沢永吉東京上京…ラーメン店に変身した元の岩ローラーが作成されたカップとは? (1/4) | AERA dot(アエラ点)

「麺処木 “野付チャーシュー麺一杯950円。 留置場チャーシューは食べ応え抜群である(筆者撮影)

日本にたくさんあるラーメン店の中でも屈指の名家という店がある。 そんな水族館と水族館の所有者が愛のカップを紹介する本連載。 横浜で14年の間に自家製麺を貫き続け職人愛するならロックに憧れて上京した店主が人生をかけて作られた魂いっぱいだった。

[사진]矢沢永吉を愛する店主が作るロックも醤油ラーメンはこちら!

■自家製麺を作り続け、小麦アレルギー

横浜市保土ヶ谷区にある「麺先の木(辰野中)。 「相鉄線天王町駅星川駅の右側の間くらいに住宅街の真ん中にして、14年間の領域を維持しているグルメだ。創業当時はまだ珍しかった「自家製麺のつけ麺」にこだわったお店で、今も根強い人気を維持している。

麺先の木/〒240-0003神奈川県横浜市保土ヶ谷区天王町1-32-17 / 11:30〜14:30,18:00〜20:30[土・日・祝]11:30〜15:00,18:00〜20:30、月曜日、火曜日定休/筆者撮影

麺先の木/〒240-0003神奈川県横浜市保土ヶ谷区天王町1-32-17 / 11:30〜14:30,18:00〜20:30[土・日・祝]11:30〜15:00,18:00〜20:30、月曜日、火曜日定休/筆者撮影


店主大剛(47)は、6年間のサラリーマン生活の後子供の頃から好きだったラーメンの世界に飛び込んだ。 麺の材料まで全て手作業を貫く」であれば、麺工房隠國(子守唄口)」で3年間実行した後、独立した。 独立前から自家製麺をすることにした大川氏は、2階建ての建物を借りて店の2階製麺工場だった。

「自分のラーメンを作るにおいて「誰が作ったのか分からない場合は、「を使用したくないんです。添加物も絶対入れたくなかったし、そうなるとやはり自分で作るしかないと」(大川氏)

当時は手作り麺の店が多くなく情報も少なかったが、毎日の麺を作りながら自分のラーメンスープに合わせて改良を重ねていった。 天気と気温などで水分と自己時間などを調整することができるところも面白い。 創業からずっと麺を作ってきた大川さんは、今から2年前に小麦アレルギーになってしまう。 マスクをせずに、小麦粉を吸入すると呼吸困難になってしまいますので、今では妻が代わりに麺をしている。 体力が続く漢字が製麺を続けるというこだわりようだ。

自家製麺がいずれかの条件(筆者撮影)

自家製麺がいずれかの条件(筆者撮影)


最寄駅から少し距離があるが、店舗の前では、イオン天王町店があり、その利用客も多く訪れた。 大型ショッピングセンターから流れ出る客が売上高の大きな柱であったことは間違いない。 しかし、そのイオンが店舗改装のため2020年2月に閉店してしまう。 店の周辺は本当に単純な住宅地になってしまった。

そこ流れるように新型コロナウイルスが襲ってきた。 イオン閉店+コロナのダブルパンチ」の木」の売上高は、地面に落ちたようだった。 しかし、それを支えたのは、現地の顧客と常連客だった。

「イオンがなくなったら、売上高は大幅に減少したが、すぐに戻って行きました。地域密着で座席8席のみ続けています。常連客に支えられ、14年ですね」(大川氏)

次のページ

食べ物のサイトのスコアは標的ない

READ  榎並はウキウキ!? 「バイキング」後任アナウンサーを憔悴した坂上忍の放送禁止ワード| Asagei Biz-アサクラフトビーズ

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close