スポーツ

矢野監督、ウーめの交換に「言うことができない」一問一答 – プロ野球:日刊スポーツ

開幕から続く東京ドームの連敗を「8」で停止した。

最初から1番近いこの浩二外野手(25)が先頭打者初球ホームランを放つときに6回、4打席でもすぐに超えソロ。 今カード3戦4発の活躍でチームを勝利に導いた。 中5日登板したエース西勇輝投手(29)も、自分の最初の2試合連続完封で7勝目を挙げた。 阪神は前日16日巨人戦で敗れ、88年同球場開場後最長12年8連覇(2分け挟む)最悪の記録に並んあったが、不名誉記録更新を目の前で停止した。 9回にも4ゴールを追加して、14安打11得点。 オールシーズン着、東京ドームで鬱憤を解きに打ち砕かれた。 先頭巨人との差は10.5ゲーム差になった。

◇◇◇

矢野監督の一問一答

– 素晴らしいゲーム

先制できたし、西(容器)も良い形で投げてくれたので、良い試合しました。

– ソチョクヌン2試合連続完封

状態はあまりよくなかったと思いますが、その中でも丁寧に投げていく状態にあまり左右されず投げる西引き出したというか技術が出思います。

– 打線は活発だった

追う立場の種はますます点をとることが重要ですが、第1戦第2戦で悔しい思いをしたので、今日は確かにくれました。

– 近い本がすごい

ホームランもね、東京ドームでよく出ており、相性よくというか、そんなことはかもしれませんね。

– 15日、16日の物足りなさがあった

もちろんよ、ここで勝っていないのはもちろん知っていたし、悔しい思いを続けているので。 十分に考えを盛り込んだ中堂たので、すごく悔しいです。

– 東京ドームで和也報いた

まだ和也報いただけなので、また、ジャイアンツと戦うまで挑戦することができる形態を作っていきたい。

– ウめは

試合に出るには難しいかと判断しました。

– 進歩的な西から5日にも果たして

序盤にポンポン点入るとどのような意味逆難しいだろうか。 ボール少なく行きたい、簡単にアウト取りたい気持ちも出てしまうように思える。 しかし、確かに結果として出すと。 やはりさすがだろうかと。

– スライダーを常に使用し、投球術の幅を感じさせた

捕手も変われば多少変化も出てくる部分があったと思いますし、徐々にたので、もしかしたらお試し部分もあると思います。 様々な要素があると思う。

-2試合連続完封は彼の最初のと

嫌な流れの中にあって、投げ切ってくれるのは存続し、さすがという姿を見せている。 やはり後続投手がありますね。 昨日青柳もなぜかおとなしくか、向かっていくというか…そんなこと私は少し少ないかなと思ったけど。 一度そのようなことを大切にしたいと再確認することができたのかと思うけど。

– 近い本が素晴らしい両足であった

東京ドームは相性もよし。 先制できたのも大きな次の(最初は)1点だけではなく、もう一つアンヘトダヌンも価値があった。 先制することができ、次の入らパターンも多かったが、2回にもならないのだから。 勢いの流れをこちらに持ってきたのだろう。

-2回攻撃では、息子も特色、糸原の良い走塁もあった。

中のダウン野球をすることができたし、息子も頑固というか。 このような野球をも野球をしたい。 つながりがあるので、このような試合になる。 もちろん決定することが最も大事かもしれないが。 ホームランもたくさん打って良いが、こういうような野球がタイガース野球だと思う。 そのような点から、それぞれ警戒所で味を出してくれた。

– ボア久しぶりのホームラン

ボーアかかわらず、試合を決定するというか、今日も良い1足だったと思います。 今日は流れの中で打った1本だと思うけど。 ボーア自分が試合を決めた、そのような場面で打点、ホームランをどんどん増やしてくれればチームは、より上に上がってね。 試合中の流れに大きな1つであることを今再び期待したい。

– 嫌な流れの中での勝利という結果につながった

気持ちはありますが、「敗北した」は、何の言い訳もできない。 プロも結果として示すという考えで戦っている。 次は10月ジャイアンツの試合があるん。 そこまでの戦いで一度きちんと挑戦権を持って来たのと同じ戦いをすることが重要だと思うので。 また、10月に甲子園で正しく戦うことができる状態に持って行くことができるよう努力します。

– ウめの交換は

私は今言うことができるわけではない。 試合には、まま、私は私の中にやめた方がいいと判断ではなく、したので。 私の中で言うことはできない。

READ  レッドブルホンダRB16:F1トルコGPで投入した2つのアップデート/ F1マシン技術解説[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close