スポーツ

矢野監督「競争勝てば1位佐藤輝明開幕スタメンも – プロ野球:日刊スポーツ

小学校時代に所属している甲東ブルーサンダーズナインに鋭いスイングを披露した阪神佐藤明(撮影・上田宏)

阪神矢野明宏監督(52)が12日放送されたカーンテレの「こやぶるSPORTS」に出演してドラフト1位の近大佐藤輝明外野手(21)の開幕先発の可能性を明らかにした。

4球団が競合したアマチュアNO・1の左側スラッガーへの期待が高く、競争の結果を残せば、3月26日ヤクルト戦(神宮)の出場は十分にある。 また、プログラム内で直接大砲候補井上広大外野手(19)の来年の春1軍キャンプも明らかにした。

◇◇◇

矢野監督が21年注文の一端を明らかにした。 ボードを挟んで形で表すのうち6回の候補の一人で「佐藤(光)」の名前を統合した。 ポジションはライト。 佐藤明は、すでに来年の春1群キャンプ発疹が決定的だが、「開幕スタメンも感じられますか? 」の質問に指揮官は答えた。

矢野監督結果を適切に競争で勝ってくれれば。 私はもちろん、常に競争と言っているので。

ポジションを与えるのではなく、競争の大原則を貫く。 しかし、佐藤明に大きな期待をかけているので、発言。 1965年(昭和40)ドラフト第後阪神新人の開幕スタメンは19年近い本&木浪以来、9人しかいない。

佐藤明は入団会見時1年目の具体的な目標について「(本塁打を)30個程度てたい」と掲げている。指揮官は、その大砲について改めて「魅力がありますよね。 遠くに飛ば身体能力も高い。 近いうちに大と佐藤(光)に本塁打王競争することができる素材だと思う。 日本を代表するような素材だと思う」と言葉を並べた。

矢野監督は放送で「現在、私は外野を考えている。外野守備がどのようかというところもポイントになってくる」と、こちらもまた外野起用が基本線とした。 その外野を眺めてみると、センター近くの本は、浮動とみられ、左または光は、外国人選手を含む争いが待っている。 球団は新しい傭兵でオールシーズンKBOで本塁打、打点の2冠に輝いた韓国KTのメルロハスジュニア外野手(30)とほぼ合意に達した。 また、プログラム内での指揮官は、サンズルーの可能性も示したが、外野での競争ケースは当然あり得る。 また糸井、陽川、中谷高山…佐藤明が激しいバトルのリングに入る。[마쓰이 周治]

READ  「トーチは、ニューヨークより親切な村」7年前ロシタウル決断させた田川勇太に「質問攻め」と - Bリーグ - Number Web

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close