理科

知ってた?マグネシウムで洗濯すると、においも殺菌することができ、環境に優しいんです| ギズモ・ジャパン

「ああ、マグネシウム切らしてしまった」が日常になることも。

洗濯洗剤が必要である。 当然の感覚を覆す話題にIBMのWebメディアムゲンダイ(無限)で紹介されていました。 どうしても洗濯しても臭いも殺菌も “マグネシウム「この解決そうです。

インスピレーションは、日常の中にマグネシウムが汚れを「界面効果」は、

マグネシウムの特性を生かし洗濯をきれいにする “洗濯マグちゃん」を開発したのは、茨城県古河市に本社を置く会社宮本製作所。

金属加工下請けに長い経営をしてきた会社だったが、一念発起して、自社製品の開発を開始した。 自動車部品や熱帯魚商品など数回の失敗を重ねたが、予想外のきっかけに「洗濯マグちゃん」に到着します。 これ大ヒット。

映像: ムゲンダイ(無限)

ある日、マグネシウムの削りくずが入っているドラム缶の水公園が手を洗っている姿を目撃した宮本隆社長。 その理由を「油がよく落ちるから」と聞いて早速マグネシウム粒子を入れて洗濯見本当に衣類汚れが落ちたそう。

マグネシウムが汚染物質を除去効果について宮本氏は「界面活性効果」という言葉を使用して説明しています。

消費者庁の規定で「洗剤」は、「界面活性剤(油と水をなじま化学物質)を使用し洗濯用品」を指し、合成洗剤は、このを主原料としています。

についてマグネシウムは水と混ざらの水酸化マグネシウムの “水酸基“により、水が弱アルカリ性この性質を利用。 宮本氏曰く、弱アルカリ性の水は、元の界面活性効果があるそう。

知ってた?マグネシウムで洗濯すると、においも殺菌することができ、環境に優しいんです
映像: ムゲンダイ(無限)

また、宮本氏によると、マグネシウムは除菌消臭効果もあることがインタビューで次のように述べています。

イヤな臭いの原因は、細菌繁殖にあるが、弱アルカリ性の水は、微生物や細菌が繁殖しにくいです。 人間と共生して生きてきた細菌を殺すのではなく繁殖しにくい環境に洗濯を終えるので、室内の乾燥も乾くまで菌が繁殖していません。 毎日マグちゃんで洗濯をしていると、洗濯槽ホースなどにもカビ繁殖しにくいことです。

洗濯マグ量の排水にはマグネシウムに加えて、窒素、リン酸、カリウムなどが含まれているため、農業用肥料への応用も可能である。 きれいにし、環境にいいなんて。

これまでの常識を覆すマグネシウムの効果。 他にも “洗濯排水を集め、中東に輸出する」と驚きの新しいビジネスなどの詳細は、ムゲンダイ(無限)より楽しむことができます。

出典: ムゲンダイ(無限)

READ  SpaceXは、NASA、宇宙飛行士の地球復帰を日曜日まで延期

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close