知事、「国大」スポーツイベント廃止アイデア指摘

Estimated read time 1 min read

全国知事協会会長の村井吉宏宮城県知事は、月曜日、以前に「国大」として知られる年次全国スポーツイベントを廃止するアイデアを指摘しました。

村井は今年、全国体戦(全国体戦)で名称を国タイに変えた日本大会に言及し、定例記者会見で「私の個人的な意見だが、これを廃止することも考えてみる一つの方法だと思う」と話した。

年次イベントは全国47県で循環的に開催されます。 日本スポーツ協会(JSPO)、文部科学省、開催県が共同主催する。

1946年から始まったこの大会は2035年の3次大会に突入する。

村井氏は、開催地県の財政的負担が大きく、オリンピックなど国際大会を目指す有力選手が今大会に参加する場合はほとんどないと述べた。

彼は「3ラウンドでも今のように続けるか、しばらく止めて考えてみる必要がある」と話した。

全国知事連合では、会員都道府県に行事開催方式を問うアンケート調査を実施しています。 協会は結果報告書を作成し、JSPOと共有する計画だ。

READ  メルセデスF1 "MGU-Kの問題がレッドブルホンダた理由はない」[F1-Gate.com]
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours